酪農学園同窓会 > 支部新着情報 > 関東甲信越地区 > 関東甲信越地区山梨支部総会開催報告

Topics

掲載日:2013.06.03

関東甲信越地区山梨支部総会開催報告


関東甲信越地区山梨支部総会開催報告
DSC_0048-1

 6月2日(日)11時から関東甲信越地区山梨県支部総会がKKR甲府ニュー芙蓉において、19名の出席者により開催された。
 「山笑う」新緑が眩しい甲州ぶどうの里では、霊峰富士もかすかに見ることが出来た。本学からの出席者は干場信司学長、榮忍校長、野村武会長、浦川の4名。関東甲信越地区から4名の役員(岡田勉会長、高澤靖東京オフィス所長、後藤久雄副会長、満澤恵治長野支部副会長)が出席した。

  来賓挨拶では榮校長は高校の現況について、野村会長からは代議員総会や80周年記念事業やホームカミングデーについて紹介いただいた。
 8回を数える総会では、上田龍輔副支部長の司会で行われ、平島勝教支部長より支部の概要報告とお礼の挨拶があった。議事は事業報告並びに収支決算、事業計画並びに収支予算が提案され、原案どおり承認された。

DSC_0014DSC_0016DSC_0021DSC_0022DSC_0023DSC_0026DSC_0030DSC_0034DSC_0005

 総会終了後に記念講演が行われ、干場学長が「酪農学園の現状と未来」と題して、30分の講演を行った。干場学長は経歴紹介ののち、資料に基づき本学の建学の精神の持つ社会的使命の重要性を述べ、現場で活躍する同窓生との関係を「熱い想いで繋がっている」と述べ、産業界等での現場との繋がりの重要性を強調した。
 記念写真のあと、岡田関東甲信越地区会長よりご挨拶をいただき、後藤副会長のご発声で和気藹藹の懇親会が同会場で行われ、最後は高澤所長の一本占めで散会した。

DSC_0042DSC_0044DSC_0050DSC_0055DSC_0063DSC_0012

酪農学園同窓会(2013.06.03)

このページのTOPへ戻る