酪農学園同窓会 > OB会新着情報 > 同期会・クラス会 > 短大11期同期会 第2の故郷札幌で開催「毎年会おう」を誓って

Topics

掲載日:2013.07.08

短大11期同期会 第2の故郷札幌で開催「毎年会おう」を誓って


短大11期同期会 第2の故郷札幌で開催「毎年会おう」を誓って

dc070531(修整1)

 これまで2,3年おきに開催していた同期会を、昨年は天然記念物の「トキ」が生息する新潟県佐渡にて開催。長崎県、兵庫県はじめ関東甲信越、東北、北海道の全国から仲間が集い盛会裏となった。

 卒業して半世紀が経過、「元気なうちに遭おう」を合言葉に、夫婦での参加も呼びかけている。来年の会場は岩手県北上市・天勝地のサクラを観る会をメィーンに集まることとなった。

 さて、今回は札幌市内・ジャスマックプラザホテルにて、中谷幹事長から前述の経緯や諸々の報告があり、つづいて、古賀同窓会連合理事(九州同窓会会長)より、昨年10月短大の閉校、大学組織の改革、同窓会の活性化の取り組みなど等について報告のあと懇親に入り、懐古談に花が咲き盛会となった。

 2日目は、観光に移り北海道開拓の村などを巡り、定山渓温泉・万世閣ホテルミリオーネにて宿泊、反省会を行い、再会を誓い散会した。 (文責 短大11期同期会 幹事長 中谷 清敏)

酪農学園同窓会(2013.07.08)

このページのTOPへ戻る