酪農学園同窓会 > 全件表示 > 同窓生(細田治憲氏)宇都宮賞受賞祝賀会報告

Topics

掲載日:2014.03.24

同窓生(細田治憲氏)宇都宮賞受賞祝賀会報告


同窓生(細田治憲氏)宇都宮賞受賞祝賀会報告

  3月22日(土)12時からシェラトンホテル札幌を会場に第46回宇都宮賞を受賞された細田治憲氏(短大9期、大学1期)の受賞祝賀会が開催された。
 干場学長や野村武同窓会連合会会長始め本学関係者やOBを含む238名の関係者が出席した。韓国から尹先生ご夫妻にもご出席いただいた。

DSC_0010DSC_0018DSC_0028

DSC_0044DSC_0063DSC_0073

 開会のことばを発起人代表の熊林和男氏が述べ、ご来賓からのお祝いのことばを竹田光雄氏(由仁町長)、大友伸彦氏(そらち南農協組合長)、安宅一夫氏(本学元学長、前アジア酪農交流会会長)が細田治憲氏の功績についてそれぞれの立場から述べた。お礼のことばの中で細田氏は「宇都宮賞受賞は奇跡であり、酪農は一人ではできない。関係者のご協力に心より感謝申し上げたい」と述べた。

DSC_0086DSC_0106DSC_0115

DSC_0128DSC_0166DSC_0183

 記念品や花束贈呈に続き祝宴に入った。祝杯のご発声は中曽根宏氏(北海道酪農協会会長)。短大時代の同期生佐藤篤右氏(日本ホルスタイン協会秋田県支部常務理事)から心温まる祝電が披露され、会場から拍手が起こった。祝宴では細田夫妻が各テーブルを回り、出席者へのお礼が行われた。

DSC_0216DSC_0257DSC_0262

  最後に水本隆夫氏(道ホル協理事)の音頭で乾杯し、祝賀会を終了した。その後、会場を移してアジア酪農交流会主催による茶話会が細田夫妻を交えて、和やかに開催された。

酪農学園同窓会(2014.03.24)

このページのTOPへ戻る