酪農学園同窓会 > 支部新着情報 > 近畿地区 > 近畿地区奈良支部・大阪支部合同設立総会報告

Topics

掲載日:2014.04.02

近畿地区奈良支部・大阪支部合同設立総会報告


近畿地区奈良支部・大阪支部合同設立総会報告

奈良大阪集合写真

 3月31日(日)、 大阪ベイエリアにそびえ立つ「ホテル大阪ベイタワー」を会場に、奈良・大阪合同の支部設立総会が、奈良県8名、大阪府29名、兵庫県支部、和歌山県支部から代表役員がそれぞれ1名出席して開催された。本学からは、仙北富志和学園長、榮忍校長、同窓会連合会から野村武会長が出席した。

  挨拶の中で、野村会長より同窓会連合会の現状、仙北学園長、榮校長から学園や高校の近況報告がなされた。 議事では、両府県支部の会則ならびに、役員として奈良県支部長に梶山佳秀氏(昭50大学酪農卒)、大阪支部長に吉田文三氏(昭和51大学酪農卒)の提案がされ、それぞれ承認された。

 引き続き「感染症と食中毒の予防」と題して、公益財団法人大阪府食品衛生協会専務理事の淡野輝雄氏(昭48大学獣医卒)による記念講演が行われ、O-157やノロウィルス、新型インフルエンザ感染症などについて学習した。

  その後、出席者全員で「酪農讃歌」を合唱して、懇親会に場所を移しさらに親交を深めた。

酪農学園同窓会(2014.04.02)

このページのTOPへ戻る