酪農学園同窓会 > 全件表示 > 前田 政快 / (株)エブロン代表取締役社長:酪農学園大学農業経済学科卒業

Topics

前田 政快 / (株)エブロン代表取締役社長:酪農学園大学農業経済学科卒業

氏名: 前田 政快
卒業年次: 農業経済学科:1971
所属団体: (株)エプロン
URL: ≫ホームページはコチラ

★その他


前田 政快 / (株)エブロン代表取締役社長:酪農学園大学農業経済学科卒業

greeting
弊社は、青果物、特に生鮮野菜の流通を主体として全国の生活協同組合やスーパーなどの量販店各社と取引をさせていただいております。
 
~環境保全型の農業を推進します~
昨今、「農業と環境」との関わりについての関心が高まり、環境との調和した将来的に持続可能な農業生産が重要な課題になっております。弊社でも、化学肥料や農薬の使用を50%以下に低減する特別栽培農産物を取り扱うことで、環境への負荷を減らした農業の普及を目指しております。
弊社の働きかけに応えて、特別栽培に取り組むパートナー生産者は年々増加し、生産過程を把握したより安心・安全な農産物を安定的に供給することが可能になってまいりました。今後も、消費者やお取引先様にもご理解いただくよう努め、特別栽培農産物の取扱いに力を注いでいきたいと考えます。
~「安心、美味しい」を適正価格で~
上記の特別栽培農産物に限らず「安心・安全で美味しい食品の供給」を第一にし、流通経路の簡素化に努めております。無駄な経費や経路を省くことで、商品をより早く新鮮なうちに、安定した価格でお届けできると考えます。
~信頼関係を大切に~
さらに商品力、人間力、情報力をレベルアップし、お取引先様、生産者の方々との距離を縮めて、より厚い信頼関係を築いていくことで双方が利益を享受できる「win-winの関係」の実現を目指しております。
~農業と食生活を支えます~
弊社の取り扱い野菜の8割強は北海道産です。北海道の野菜の評価は高く、道外からの需要も多くなっています。今後も生産者の方々との協力を図り、北海道の農業の発展と地域の活性化に貢献して参ります。北海道のみならず、安心・安全な食品の供給を全国に向けて発信し続けていくことで明るい農業の未来や、豊かな食生活を守る力添えができればと考えております。
 
まだまだ発展途中ではありますが、今後とも尚一層努力し、地道な成長を積み重ねてまいりますので、関係各位のご指導ご支援を宜しくお願い申し上げます。(HPより転載)

このページのTOPへ戻る