酪農学園同窓会 > 全件表示 > 第12回「三愛賞」並びに第8回「特別三愛賞」及び「特別功労賞」授賞式報告

Topics

掲載日:2017.10.17

第12回「三愛賞」並びに第8回「特別三愛賞」及び「特別功労賞」授賞式報告


DSC_0111

10月6日(金)午後1時10分から中央館学生ホールにおいて、獣医学科同窓会主催の第12回「三愛賞」並びに第8回「特別三愛賞」および「特別功労賞」の授賞式並びに受賞講演会が開催された。会場には獣医学科教員や学生、同窓生、学園関係者約170名が出席した。

本年度の「三愛賞」受賞者は独立行政法人医薬基礎研究所霊長類医科学研究センター長・三重大学大学院医学系研究科大学院教授 保富 康宏氏(17期)。

保富先生の受賞理由は、本学博士課程を修了後、ハーバード大学に渡り、その研究成果を認められ助教授に、その後帰国してからは三重大学大学院教授及び国立研究開発法人霊長類医科学研究センター長としてその卓越した研究成果で数々の賞を受賞されました。獣医学科卒業生として全く新しい道を開かれた功績によるものです。

「特別三愛賞」受賞者は本学名誉教授で獣医学科獣医生化学教室初代教授湯浅亮先生。湯浅先生の受賞理由は、獣医学科同窓会に対し、長年にわたり親睦活動に貢献したいただいたことによるものです。

「特別功労賞」受賞者は獣医学科同窓会初代会長野村武氏(1期)。野村氏の受賞理由は、 獣医学科同窓会設立いらい33年に亘り、会長としてリーダーシップを発揮し固い絆の同窓会を作り上げてくれた功績によるものです。

DSC_0035DSC_0042DSC_0047

授賞式は三好健二郎講師(同窓会事務局長)の司会で進行し、南繁獣医学科同窓会会長より受賞者の紹介とお祝いのご挨拶を頂戴した。次に授賞式が行われ、湯浅先生、野村氏、安富氏に受賞の賞状並びに副賞が南会長より送られた。

受賞者の返礼では湯浅先生は「同窓会から特別賞をいただけることは大変嬉しい。獣医学科同窓会。万歳」とお礼を述べた。

DSC_0052DSC_0054DSC_0055

野村武初代会長への「特別功労賞」の授賞はすでに獣医学科創立50周年時に行なわれていたが今回、講演会が新たに設けられた。受賞記念講演は「33年間の会長時代を振り返る-獣医学科同窓会の創成期-」と題して行なわれた。スライド(年表と写真)により創成期からの歩みを時系列的に振り返りながら開設当時の様子を紹介した。

DSC_0062DSC_0067DSC_0071

「三愛賞」の受賞記念講演は、保富先生から「生命科学研究における獣医」と題して約1時間、ご自身の経歴や研究歴を交え、円形脱毛症に2度罹りながらの苦労話も紹介していただいた。先生は研究分野における「獣医」であるから出来ることを国際的な視野から紹介していただき、学生に対しても有意義な講演だったのではと思います。

DSC_0083DSC_0096DSC_0099

当日は研究歴の一端をスライドで分かりやすくご紹介いただいた。本学卒業後、抗酸菌を用いた癌免疫療法の研究で大阪大学博士課程へ、その後国内での就職を排除してPreprintにより求職しハーバード大へ、帰国して三重大へ、その後、医薬基礎研究所霊長類医科学研究センター長を兼任。課題山積、紆余曲折の末、新感染症施設を建設(世界最大規模)。研究の基本は免疫学でありワクチンの開発に着手。アジア感染症会議に参加等。

講演会終了後は2階の談話室に会場を移し、和やかに茶話会が催された。また夕刻には受賞者を囲んでの17期同期生や恩師との懇親会も開催された。

酪農学園同窓会(2017.10.17)

このページのTOPへ戻る