酪農学園同窓会 > 全件表示 > パインランドデーリィ:松村和一(短大1980年度卒)

Topics

パインランドデーリィ:松村和一(短大1980年度卒)

氏名: 松村和一
卒業年次: 短大1980
所属団体: (有)パインランドデーリィ
URL: ≫ホームページはコチラ

★その他


-e1467206983316-150x100IMG_2868-e1467381288361P1240899-1-e1467261882252-150x100

代表者挨拶

pic私たちパインランドデーリィは、先祖が108年前に北海道興部町に開拓の鍬を入れて以来、厳しい環境の中で興部町の気候、風土に合った酪農業を営んできました。現社長が経営継承してからは、経営安定化に向けてメガファーム構想に基づき事業を拡大し、地域雇用の拡大に努めて参りました。

TPP交渉実現によって、私たちを取り巻く状況はより厳しいものとなりますが、国際競争に耐えることのできる生産環境の整備を行い、また酪農経営に関連するより多角的な幅のある取り組みにも力を入れて参ります。

自然や生き物と触れ合うことへの喜びと苦労、そして感謝を学びながら、時には思い通りにいかないこともありますが、仲間たちと切磋琢磨して成長し続ける会社を目指すことで、「豊かな生活」「地域の発展」に寄与できる事につながるものと信じています。

P1240970-e1467355248737P1240974-e1467355212807P1240980-e1467354869164

経営理念

・豊かな人生を創造する

・地域と社会に貢献する

・食の文化に貢献する

P1240943-e1467261696498-150x100酪農業とその他の事業を通じてこの3つの理念を達成するために、「土づくり」「牛づくり」「人づくり」を念頭に日々取り組んでいます。

おいしい牛乳や乳製品を生産するためには、乳牛が健康であることが重要です。「土づくり」を通じて良質な自給粗飼料を給与し、毎日の観察をもとに牛の健康状態をチェックします。快適性(カウコンフォート)にも重点を置き、健康で能力の高い「牛づくり」を心がけています。そして日々の牧場の作業の中にスタッフ一人一人がやりがいを見つけ、牛とともにのびのびと成長していく牧場を目指して、「人づくり」に貢献したいと考えています。

健康な土と草から栄養を得た牛から健康なミルクをいただきながら、パインランドデーリィは未来に向かって成長し続けます(HPより転載)。

このページのTOPへ戻る