酪農学園同窓会 > 全件表示 > 酪農学園思い出紀行 NO.9

Topics

掲載日:2011.12.13

酪農学園思い出紀行 NO.9


1960(昭和35)年 酪農学園大学 誕生!酪農学部酪農学科設置

 昭和35年1月大学設置が認可されて、わが国初の酪農学部を置く酪農学園大学が誕生。短期大学学長であった樋浦誠氏を学長に選任し、180名の学生でのスタートとなりました。
 キリスト教の精神によって人間教育を行い酪農の科学並びに実際を教育し以て神を愛し人を愛し土を愛する三愛の精神に徹する有為な酪農人及び指導者を養成することを目的とし、とかく理論学習偏重になりがちな大学教育に対し、実学教育を尊重し、理論と実際が一致する教育・研究の場を設けるように心がけられました。
 開校当初は校舎、施設等に不備な点が多かったのですが、年毎に教師陣も強化され、講義も拡大し、また、第一校舎をはじめ多くの施設も拡充されました。

酪農学園同窓会(2011.12.13)

このページのTOPへ戻る