酪農学園同窓会 > 全件表示 > 酪農学園思い出紀行 NO.20   

Topics

掲載日:2011.12.13

酪農学園思い出紀行 NO.20   


1998(平成10)年  とわの森三愛高等学校校歌発表

 1991年酪農学園大学附属高等学校ととわの森三愛高等学校とが統合し、新生とわの森三愛高等学校としてスタートしました。
 それぞれの学校には伝統ある校歌があり、卒業生にも大変懐かしい思い出が一杯ありますが、新しい学校にふさわしい校歌をとの要望にこたえて、1988年、前校長井上昌保氏の作詞、本校音楽教諭中村文夫氏にの作曲による新しい校歌が発表されました。

  とわの森三愛高等学校・校歌
      作詞:井上 昌保 作曲:中村 文緒

Texte alternatif

 
 1. 石狩川に 水満ちて 緑綾なす 原始林
   自然の恵み 身に享けて 我ら集わん とわの森
   三つの愛 青春の 心に刻みつつ 
   いざ 我ら 永遠の 真理を求め 共に学ばん

 2. 艱難さえも 希望へと 人を導く 主の摂理
   心と技を 磨きつつ 我ら励まん とわの森
   神からの 賜物 心して活かしつつ
   いざ 我ら 誠実なる 人倫の道 共に歩まん
 
 3. 時代の風は なお猛く 基い定まぬ 世の習い
   歴史を担う 人として 我ら築かん とわの森
   地の塩 世の光 心に固く秘め
   いざ我ら 希望もて 世界に平和 共に創らん

酪農学園同窓会(2011.12.13)

このページのTOPへ戻る