酪農学園同窓会 > とわの森三愛高等学校同窓会

Topics

とわの森三愛高等学校同窓会一覧

掲載日:2018.06.11

旧・野幌機農高等学校農業科13期・農業協同組合科1期生同期会報告


集合写真機農

 去る6月3・4日、旧・野幌機農高等学校農業科13期・農業協同組合科1期生の同期会が南幌町の「なんぽろ温泉」において26名が出席して開かれた。

 両科とも昭和32年の卒業で、本年80歳を迎えるとあって、遠くは愛知県や岩手県からの参加もあった。会は実り多い農場実習や寮生活の思い出ばなしで盛りあがり、和やかな一ときを共にした。翌日は希望者のみが酪農学園を見学した。(文責 長野徳之)

酪農学園同窓会(2018.06.11)|
掲載日:2018.05.10

2018年度ホームカミングデーのご案内


 

 第27回ホームカミングデーは日程を変更して、白樺祭(大学祭)に併せて記念礼拝(物故者追悼)、記念講演会を開催します。同窓生はお仲間お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。HCDポスター2018

日 時 : 2018年 7月 7日(土)12時30分(受付開始30分前)

会 場 : 黒澤記念講堂

内 容 : 記念礼拝・記念講演

記念礼拝 : 司式(12時30分~)(黒澤記念講堂)

記念講演1 : (13時20分~14時00分)

テーマ : 「都市近郊酪農の可能性を追求する ―6次産業化の先へ―」

講 師 : 石田 陽一氏(酪農学園大学酪農学科44期)

1984年生まれ。2007年酪農学園大学酪農学部酪農学科卒業後、ニュージーランドで2600頭を飼養している牧場に勤める。2008年に就農後、酪農教育ファーム認証牧場を取得し、2016年までで8000人以上の子ども達を牧場に受け入れ、子どもの心の成長に力を注いでいる。2011年に牧場直営のジェラート屋【めぐり】を起業。

記念講演2 : (14時00分~14時40分)

テーマ : 「明治維新150年と酪農学園85年

―地上の星とバイブルとまぼろしを受け継ぐ者―」

講 師 : 安宅 一夫氏(酪農学園大学名誉教授)

1947年北海道壮瞥町の農家の長男として生まれる。帯広畜産大学大学院畜産学研究科修了。農学博士(東北大学)。1971年酪農学園大学酪農学科助手、講師、助教授を経て、1993年教授。酪農学科長、酪農学部長(初代)、大学学長(8代目、1997~2001年)、短期大学学長(8代目、1997~2005年)を歴任。

PDFでのご案内はこちらから ⇒ホームカミンデーPDF

お問合せ先 : 同窓会事務局(011-386-1196)

(e-mail :rg-dosok@rakuno.ac.jp)

主催:学校法人酪農学園・後援会・貴農同志会・短期大学部同窓会・とわの森三愛高等学校同窓会・大学同窓会校友会・酪農学園同窓会

酪農学園同窓会(2018.05.10)|
掲載日:2018.04.13

平成29年度釧路地区酪農学園機農高等学校同窓会開催!!


DSC_0079

 去る4月20日(木)に釧路市内にて、同窓生19名及び、母校からは真田副校長、伊藤教諭、山谷先生ご出席のもと、釧路地区酪農学園機農高校同窓会が開催されました。

 この会はこの春母校を退職された山谷先生への感謝と慰労、そして更なるご活躍を祈念する同窓会となりました。

 まず同窓会は、昨年亡くなられた同窓生のご冥福を祈り黙祷を捧げた後、讃美歌312番の合唱によりスタートとなりました。小瀬会長挨拶後、真田副校長より現在の母校の様子を伝えて頂き、昭和35年卒業の石脇氏の乾杯の音頭により楽しい宴が開始しました。

 和やかな雰囲気になったところで参加者全員による1分間スピーチが執り行われ、山谷先生への感謝の気持ちや高校時代のエピソード、現在の状況などの話が繰り広げられました。

 最後は山谷先生にスピーチしていただき、記念品贈呈後、恒例の校歌斉唱、集合写真撮影に続き、平成1年卒の岡林氏の一本締めで閉会となりました。

 この同窓会は平成27年から毎年開催になり、若い世代や初めて出席される方など、年々同窓の輪も広がりを見せています。釧路地区の同窓生のみなさん、来年も開催しますので是非ご参加して下さいね!

酪農学園同窓会(2018.04.13)|
掲載日:2018.03.08

2017年度とわの森三愛高等学校同窓会入会式報告


P1000164

 3月1日(木)に、「同窓会入会式」がとわの森三愛高校礼拝堂で行われました。今年度は27期生237名が入会しました。式では浅野政輝会長から「機農、三愛女子から脈々と続くこの同窓会を、ぜひ、皆さんで活動を盛り上げていただきたい。」と挨拶がありました。また、榮忍校長先生からは「とわの森三愛高校同窓会は、酪農学園の同窓組織のひとつである。全国に、何万もの同窓生、そして多くの支部活動が行われていることもぜひ覚えていただきたい。また、街中で見かけたときは、ぜひ声をかけていただき、近況を報告してもらえれば嬉しい。」と、お話がありました。

P1000091P1000148

 そして、とわの森三愛高等学校同窓会機農会代表の長井信之様からご祝辞を頂戴し、入会式のあとの幹事会では、とわの森三愛高等学校同窓会三愛代表の山﨑惠子様から幹事へ激励のメッセージがありました。

P1000155P1000171

 27期生代表・大野凜さんからは「神を愛し、人を愛し、土を愛すということを深く心に留め、同窓生という自覚を持ち、母校のために大きく貢献していきたいと思っています。」と力強くご挨拶いただきました。

 同窓会から記念品として、データとして礼拝堂外観の写真、黒澤酉蔵翁の三愛精神揮毫、1998年に制定された校歌が入った「オリジナルUSBメモリースティック」を27期生全員に贈りました。

【同窓会入会式の流れ】
1.開会の言葉
2.校歌斉唱
3.同窓会長挨拶
4.学校長挨拶
5.祝辞
6.クラス幹事紹介
7.26期生代表挨拶
8.記念品贈呈
9.讃美歌 453番「きけや愛のことばを」
10.閉会の言葉

(文責 とわの森三愛高等学校同窓会 事務局長 伊藤俊文)

酪農学園同窓会(2018.03.08)|
掲載日:2018.02.27

全国大会出場のご案内(応援のご依頼)


2018年3月1日

同窓生の皆様へ

とわの森三愛高等学校同窓会

会 長 浅 野 政 輝

全国大会出場のご案内(応援のご依頼)

 拝啓 早春の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り心より感謝申し上げます。

 さて、私どもの母校である、酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校は、全国高等学校選抜大会の札幌支部予選大会および全道予選大会において、4つの体育系クラブがこの春に行われる全国大会への出場権を獲得することができ、現在練習に励んでおります。

 つきましては、開催(会場)県の同窓会の皆様にも、是非とも会場へ足をお運びいただき現役生徒の勇姿にご声援を賜ればと存じます。本同窓会からまとまった応援者を派遣できれば良いのですが、遠方につきなかなか叶わず、開催地区の同窓生の皆様へご依頼をさせていただいた次第です。地元の皆様の応援は、生徒たちの大きな力になると思います。お忙しいなか、急なご案内で恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

*全国選抜大会 出場クラブ、大会日程、会場

・ソフトボール部 第36回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会
2018年3月17日~20日 岐阜県揖斐川町 揖斐川健康グラウンド

・バドミントン部 第46回記念全国高等学校選抜バドミントン大会
2018年3月24日~28日 愛媛県松山市 愛媛武道館

・体操競技部 第34回全国高等学校体操競技選抜大会
2018年3月24日~25日 宮城県利府町 グランディ21

・男子ソフトテニス部 第43回全日本高等学校選抜ソフトテニス大会
2018年3月28日~30日 愛知県名古屋市 日本ガイシスポーツプラザ

*お問い合わせ 学校法人酪農学園 とわの森三愛高等学校
〒069-8533 北海道江別市文京台緑町569番地
電話 011-386-3111 FAX 011-386-1243
担当 教頭 久保木 崇(同窓会顧問)、教諭 伊藤 俊文(同窓会事務局長)

酪農学園同窓会(2018.02.27)|
掲載日:2018.01.12

2017年度第13回酪農学園「緑風会」総会・懇談会報告


DSC_0082

 本年度の緑風会総会・懇談会が、1月10日(水)午後5時半から札幌第一ホテル「かしわ」の間で開催されました。会員出席73名、学園・大学から谷山弘行理事長、竹花一成学長、翁長武紀入試部長、小山久一同窓会長はじめ、関係教職員15名のご参加をいただきました。

DSC_0007DSC_0011DSC_0014

 畠山佳幸会長の開会のご挨拶に続き、総会が開催され、会長を議長に事務局等からの提案議題である2017年度事業報告・会計報告・監査報告や2018年度の事業計画等を承認していただいた。

 総会終了後、6時から同会場において、河野雅晴近畿地区会長はじめ全道各地から集まった総勢88名による新春懇談会が盛大に行われました。

DSC_0027DSC_0036DSC_0039

 畠山会長の主催者挨拶の後、谷山弘行理事長、竹花一成学長、翁長入試部長から各々の立場から学生募集上のお礼やお願い、学園の現況報告等を含めたご挨拶をいただきました。

DSC_0043DSC_0057DSC_0060

 続いて来賓紹介のあと、小山久一酪農学園同窓会長から、戌年にまつわるお話をいただき乾杯で懇談が進められました。懇談の中では、昨年採用された3名の教員と初参加の学生8名の自己紹介等も行われ、和やかな雰囲気で進められました。

DSC_0064DSC_0073DSC_0088

 最後は、初代会長である長谷川豊参与から、緑風会、さらに学園と大学を発展を願い一本締めで締めくくられました。

酪農学園同窓会(2018.01.12)|
掲載日:2017.12.18

とわの森三愛高等学校アグリクリエイト科第23期生同期会報告


IMG_3972

 去る12月16日(土)午後6時半から、札幌市内の「鳥邸すすきの店」を会場にして標記の同期会が開催されました。

 高校卒業以来4年ぶりに会った仲間達と旧交を温めあい、親睦の時を持ちました。遠くは大阪や東京からこの日のためだけに22名もの生徒が集まりました。

 会では、昔の懐かしい学校や寮の話に花が咲きました。今後は、実家に戻って家の酪農に奮闘する者。更なる高みを目指して大学院に進学を志す者。社会人としての一歩を踏み出そうとする者。様々いますが、これからの更なる活躍に期待していきたいです。

 代表幹事:鈴木ひかる、幹事:荒川雄史。 (文責:講師:八木啓太)

酪農学園同窓会(2017.12.18)|
掲載日:2017.12.13

とわの森三愛高等学校同窓会 第5回定期総会(代議員総会)・懇親会報告


集合全員

 11月18日(土)に、5年に1度行われる、とわの森三愛高等学校同窓会 第5回定期総会(代議員総会)・定期懇親会が、ホテルエミシア札幌で行われました。

 定期総会では、事業報告や決算報告、会則の一部改定などが審議され、すべての議案が可決されました。

 その後の懇親会では、同窓生、旧職教員、現職教員、ご来賓含めて、140名の方々にご出席いただきました。ゲストにHBCラジオパーソナリティとしてご活躍の大森俊治さん(5期生)、9月に新作アルバムも発売されたシンガーソングライターの住岡梨奈さん(17期生)をゲストにお迎えしたほか、豪華賞品があたる抽選会も企画しました。(抽選会のBGMには、今も女子の体育授業で使用されているエアロビクスの曲を流すと「懐かしーい!!」との声があがりました!)

 会場にはとわの森三愛1期から26期までの卒業アルバムを用意し、歓談中にご覧になった皆さんで盛り上がっていました。会の終わりには、校歌と、讃美歌453(聞けや愛の言葉)をうたい、和やかな雰囲気のなか終了いたしました。

 お越しいただいた皆様はもちろん、今回残念ながら欠席のご連絡をいただいた皆様、出欠ハガキにメッセージを書き添えてくださいました皆様、心より感謝申し上げます。また5年後も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 (なお、今回案内が届かなかったという方は、住所が「不明」となっております。ぜひ新しい住所を、酪農学園同窓会(電話011-386-1196)か、とわの森三愛高等学校同窓会事務局(電話011-386-3111(職員室))にご連絡ください。)

(文責 事務局長 伊藤俊文)

酪農学園同窓会(2017.12.13)|
掲載日:2017.12.06

北海道農民管弦楽団による「ふみあと」の公開録音会(終了)


 酪農学園大学短期大学部同窓会では、短大Ⅱコースで申命寮歌、北光寮歌としてのみならず校歌代わりに愛唱された「ふみあと」をオーケストラ化してCD収録する事業を進めています。

 編曲、オーケストレーションを牧野時夫氏にお願いし、北海道農民管弦楽団の演奏と清水町民によるペケレベツ合唱団有志による合唱で収録することになりました。

 2018年1月7日の収録を公開録音会とし、酪農学園大学、短大、とわの森三愛高校など酪農学園の学生・生徒、同窓生、職員のみならず一般の方々の聴衆参加を歓迎いたします。収録後のベートーヴェン交響曲第9番などのリハーサル曲も聴くことができます。

 公開録音会の案内パンフレット(PDF)はこちらからご覧下さい。⇒北海道農民管弦楽団パンフレット

酪農学園大学短期大学部同窓会

酪農学園短期大学Ⅱコースふみあと会

酪農学園同窓会(2017.12.06)|
掲載日:2017.11.20

平成29年度第16回酪農学園高等学校関東甲信越地区合同同窓会報告


image001

 高等学校関東甲信越地区合同同窓会が11月12日の日曜日に酪農学園東京オフィスで開催されました。

 毎年行われている同窓会で今回が16回目の開催となり、来賓として高校からは栄忍校長と真田昭好副校長・酪農学園同窓会副会長(とわの森三愛高校同窓会長)浅野政輝様・酪農学園同窓会関東甲信越会長の岡田勉様・同じく東京オフィス所長の高澤靖様・とわの森三愛高等学校元教頭の伊藤茂生様を迎え、ご来賓6名と同窓生21名の27名の出席で、和気あいあいの楽しい合同同窓会となりました。

 今年は昨年の反省(参加者全員の話が聞けなかった)から12時30分開始でご来賓のご挨拶と学校の現状報告、同窓生の自己紹介、記念撮影を行い、2時30分からは近くの居酒屋「さがみ有楽町店」に場所を変えての懇親会としました。

 三愛女子高卒業の女性3人を交え、懐かしい話や初めて聞く話、学校の近況報告やらと話が尽きる事無く12時30分から5時までの4時間半はあっという間に過ぎてしまいました。やさしい先輩や後輩や同じ釜の飯を食った仲間達に助けられ楽しい時を過ごすことが出来ました。今年は昨年より少ない190通の案内を出しましたが、先輩の強力なバックアップを頂き昨年を上回る参加人数となりました・・・今年も楽しかったです。

 遠く北海道からご参加いただいたご来賓の方々、新潟から参加いただいた先輩、そして参加された皆様全員に感謝すると共に酪農学園の発展を心より祈念し同窓会の報告とします、ありがとうございました。(発起人代表 半沢 司)

酪農学園同窓会(2017.11.20)|

このページのTOPへ戻る