酪農学園同窓会 > とわの森三愛高等学校同窓会

Topics

とわの森三愛高等学校同窓会一覧

掲載日:2018.01.12

2017年度第13回酪農学園「緑風会」総会・懇談会報告


DSC_0082

 本年度の緑風会総会・懇談会が、1月10日(水)午後5時半から札幌第一ホテル「かしわ」の間で開催されました。会員出席73名、学園・大学から谷山弘行理事長、竹花一成学長、翁長武紀入試部長、小山久一同窓会長はじめ、関係教職員15名のご参加をいただきました。

DSC_0007DSC_0011DSC_0014

 畠山佳幸会長の開会のご挨拶に続き、総会が開催され、会長を議長に事務局等からの提案議題である2017年度事業報告・会計報告・監査報告や2018年度の事業計画等を承認していただいた。

 総会終了後、6時から同会場において、河野雅晴近畿地区会長はじめ全道各地から集まった総勢88名による新春懇談会が盛大に行われました。

DSC_0027DSC_0036DSC_0039

 畠山会長の主催者挨拶の後、谷山弘行理事長、竹花一成学長、翁長入試部長から各々の立場から学生募集上のお礼やお願い、学園の現況報告等を含めたご挨拶をいただきました。

DSC_0043DSC_0057DSC_0060

 続いて来賓紹介のあと、小山久一酪農学園同窓会長から、戌年にまつわるお話をいただき乾杯で懇談が進められました。懇談の中では、昨年採用された3名の教員と初参加の学生8名の自己紹介等も行われ、和やかな雰囲気で進められました。

DSC_0064DSC_0073DSC_0088

 最後は、初代会長である長谷川豊参与から、緑風会、さらに学園と大学を発展を願い一本締めで締めくくられました。

酪農学園同窓会(2018.01.12)|
掲載日:2017.12.18

とわの森三愛高等学校アグリクリエイト科第23期生同期会報告


IMG_3972

 去る12月16日(土)午後6時半から、札幌市内の「鳥邸すすきの店」を会場にして標記の同期会が開催されました。

 高校卒業以来4年ぶりに会った仲間達と旧交を温めあい、親睦の時を持ちました。遠くは大阪や東京からこの日のためだけに22名もの生徒が集まりました。

 会では、昔の懐かしい学校や寮の話に花が咲きました。今後は、実家に戻って家の酪農に奮闘する者。更なる高みを目指して大学院に進学を志す者。社会人としての一歩を踏み出そうとする者。様々いますが、これからの更なる活躍に期待していきたいです。

 代表幹事:鈴木ひかる、幹事:荒川雄史。 (文責:講師:八木啓太)

酪農学園同窓会(2017.12.18)|
掲載日:2017.12.13

とわの森三愛高等学校同窓会 第5回定期総会(代議員総会)・懇親会報告


集合全員

 11月18日(土)に、5年に1度行われる、とわの森三愛高等学校同窓会 第5回定期総会(代議員総会)・定期懇親会が、ホテルエミシア札幌で行われました。

 定期総会では、事業報告や決算報告、会則の一部改定などが審議され、すべての議案が可決されました。

 その後の懇親会では、同窓生、旧職教員、現職教員、ご来賓含めて、140名の方々にご出席いただきました。ゲストにHBCラジオパーソナリティとしてご活躍の大森俊治さん(5期生)、9月に新作アルバムも発売されたシンガーソングライターの住岡梨奈さん(17期生)をゲストにお迎えしたほか、豪華賞品があたる抽選会も企画しました。(抽選会のBGMには、今も女子の体育授業で使用されているエアロビクスの曲を流すと「懐かしーい!!」との声があがりました!)

 会場にはとわの森三愛1期から26期までの卒業アルバムを用意し、歓談中にご覧になった皆さんで盛り上がっていました。会の終わりには、校歌と、讃美歌453(聞けや愛の言葉)をうたい、和やかな雰囲気のなか終了いたしました。

 お越しいただいた皆様はもちろん、今回残念ながら欠席のご連絡をいただいた皆様、出欠ハガキにメッセージを書き添えてくださいました皆様、心より感謝申し上げます。また5年後も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 (なお、今回案内が届かなかったという方は、住所が「不明」となっております。ぜひ新しい住所を、酪農学園同窓会(電話011-386-1196)か、とわの森三愛高等学校同窓会事務局(電話011-386-3111(職員室))にご連絡ください。)

(文責 事務局長 伊藤俊文)

酪農学園同窓会(2017.12.13)|
掲載日:2017.12.06

北海道農民管弦楽団による「ふみあと」の公開録音会(終了)


 酪農学園大学短期大学部同窓会では、短大Ⅱコースで申命寮歌、北光寮歌としてのみならず校歌代わりに愛唱された「ふみあと」をオーケストラ化してCD収録する事業を進めています。

 編曲、オーケストレーションを牧野時夫氏にお願いし、北海道農民管弦楽団の演奏と清水町民によるペケレベツ合唱団有志による合唱で収録することになりました。

 2018年1月7日の収録を公開録音会とし、酪農学園大学、短大、とわの森三愛高校など酪農学園の学生・生徒、同窓生、職員のみならず一般の方々の聴衆参加を歓迎いたします。収録後のベートーヴェン交響曲第9番などのリハーサル曲も聴くことができます。

 公開録音会の案内パンフレット(PDF)はこちらからご覧下さい。⇒北海道農民管弦楽団パンフレット

酪農学園大学短期大学部同窓会

酪農学園短期大学Ⅱコースふみあと会

酪農学園同窓会(2017.12.06)|
掲載日:2017.11.20

平成29年度第16回酪農学園高等学校関東甲信越地区合同同窓会報告


image001

 高等学校関東甲信越地区合同同窓会が11月12日の日曜日に酪農学園東京オフィスで開催されました。

 毎年行われている同窓会で今回が16回目の開催となり、来賓として高校からは栄忍校長と真田昭好副校長・酪農学園同窓会副会長(とわの森三愛高校同窓会長)浅野政輝様・酪農学園同窓会関東甲信越会長の岡田勉様・同じく東京オフィス所長の高澤靖様・とわの森三愛高等学校元教頭の伊藤茂生様を迎え、ご来賓6名と同窓生21名の27名の出席で、和気あいあいの楽しい合同同窓会となりました。

 今年は昨年の反省(参加者全員の話が聞けなかった)から12時30分開始でご来賓のご挨拶と学校の現状報告、同窓生の自己紹介、記念撮影を行い、2時30分からは近くの居酒屋「さがみ有楽町店」に場所を変えての懇親会としました。

 三愛女子高卒業の女性3人を交え、懐かしい話や初めて聞く話、学校の近況報告やらと話が尽きる事無く12時30分から5時までの4時間半はあっという間に過ぎてしまいました。やさしい先輩や後輩や同じ釜の飯を食った仲間達に助けられ楽しい時を過ごすことが出来ました。今年は昨年より少ない190通の案内を出しましたが、先輩の強力なバックアップを頂き昨年を上回る参加人数となりました・・・今年も楽しかったです。

 遠く北海道からご参加いただいたご来賓の方々、新潟から参加いただいた先輩、そして参加された皆様全員に感謝すると共に酪農学園の発展を心より祈念し同窓会の報告とします、ありがとうございました。(発起人代表 半沢 司)

酪農学園同窓会(2017.11.20)|
掲載日:2017.10.17

野幌機農高等学校農業科15期・16期合同同窓会開催報告


EPSON104 (2)

2017年10月10日(火)午後5時50分から、旭川地区が発起人となり、東神楽町にある森の湯「花かぐら」を会場にしてs34年、s35年卒業生が初めての2期合同同窓会を開催しました。

本州からの4名を加えて34名の参加でありましたが盛大に夜を徹して旧友を深め合いました。

一次会の締めとして懐かしい“天つき体操”をヨイサーヨイサーと行ないました。次回は札幌地区が発起人となり計画をしていただけることになり、第2日目帰路につきましたが時間に余裕のある方は地元の案内で、美瑛、富良野の観光の穴場を案内しました。

なお、同窓会の助成金につきましては、出席したくとも来れない方が多くなりましたので同期会のしおりと参加者の写真を送る送料として使用させていただきました。

大変ありがとうございました。お礼と報告まで。(文責 幹事 16期 菅野勝美)

酪農学園同窓会(2017.10.17)|
掲載日:2017.10.10

野幌機農高校農業科第14期生、農協科第2期生の同期会報告


EPSON104

 野幌機農高校農業科第14期生、農協科第2期生の同期会(昭和33年度卒業)を平成29年9月21日(木)から22日(金)の一泊二日で札幌市(新さっぽろアークシティホテル)で開催しました。

  毎年出席者が少なくなる中で14名の参加となりました。記念写真撮影後は、冒頭に物故者(恩師及び志半ばに亡くなった同期生19名)に対して黙祷を捧げ続いて幹事代表から酪農学園の現況(とわの森三愛高校のパンフ配布)と同窓会の活動状況(酪農学園同窓会のパンフ配布)を含めて挨拶がありました。

 卒後60年目にして在学時代にタイムスリップして時の過ぎるのも忘れ当時の思い出話に花が咲き楽しいひと時を過ごし一層の親睦と強い絆を深めることが出来ました。

 次回(2年後)は、旭川会場での再会を約束して帰途につきました。

(文責:板倉敏雄(とわの森三愛高校同窓会機農会副会長)

酪農学園同窓会(2017.10.10)|
掲載日:2017.09.19

とわの森三愛高等学校同窓会第5回定期総会・懇親会(終了)


 とわの森三愛高等学校同窓会では、5年に1度、定期総会・懇親会を実施しております。今年は第5回目を行う年となり、2017年11月18日(土)に開催いたします。

 定期総会は代議員総会となっており、代議員の皆様には案内を郵送しております。

 また懇親会はすべての卒業生のかたが対象となっておりますので、ご友人お誘いあわせの上、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。(美味しいお食事・お飲み物をたくさん用意しております、そして会費がとてもお得です。)

 なお、住所不明により案内が返送されているケースが多くあります。現住所を同窓会事務局までお知らせいただくと案内文を郵送いたします。また、このページから案内文とチラシをPDF形式でご覧いただけます。

 案内文PDFはこちらから


 チラシPDFはこちらから


 また、出欠のご連絡をいただいた方の中から抽選で、酪農学園オリジナル乳製品ギフトをお送りいたしますので、欠席の方もぜひ出欠連絡をお寄せください。

酪農学園同窓会(2017.09.19)|
掲載日:2017.09.13

第26回ホームカミングデー開催報告


DSC_0065

 第26回を数えるホームカミンデ‐は9月9日(土)11時00分から開催された。バーベキューランチは今年で6回目を迎えた。

 あいにく朝から小雨模様で開催が危ぶまれたが、同窓生や本学関係者150名を超える方々にご出席いただき、ランチを楽しむことが出来た。

 提供された食材は、本学フィールド教育センター肉畜生産ステーション(元野幌)で肥育された(日本短角種)牛肉や本学製造の牛乳・アイスクリーム、トンデンファーム(本学OB経営)のウインナー、野村武顧問差入のとうもろこし、教職センター西田教授から学生の育てたネットメロン等。

DSC_0017DSC_0023DSC_0031

 バーベキューランチは永田享酪農学園後援会常務理事の進行で開会し、小山久一同窓会会長から主催者挨拶、竹花一成大学学長からの歓迎のご挨拶を頂戴したのち昼食に入った。

DSC_0037DSC_0043DSC_0046

 ブルーグラス研究所(本学学生5人構成)にも出演いただき、野外バーベキューに合った軽快な演奏(カントリー&ウェスタン)を聴かせていただいた。

DSC_0049DSC_0054DSC_0056

 演奏を挟みながら、貴農同志会村山昭二会長からご挨拶を頂戴した。次に竹花学長から副学長である野英二氏、石島力氏、照井俊秀氏が紹介され、それぞれスピーチを頂戴した。

DSC_0063DSC_0069DSC_0073

 その後、関東甲信越地区から参加の安藤武男東京都支部事務局長、田中可子副支部長が紹介され、スピーチを頂戴した。また学園を代表してのスピーチを近雅宣常務理事から頂戴した。

DSC_0078DSC_0084DSC_0098

 和やかなランチの最後は仙北富志和学園長から「また来年お会いしましょう」との閉会ご挨拶をいただき、お開きとなった。

 このバーベキューランチには関東甲信越地区や貴農同志会や獣医学科23期・24期同期生や周年同期会参加の方々にもご参加いただいた。

 天候にも恵まれ、おいしい食材をご用意いただいた大学生協の方々やお手伝いいただいた短大、大学の同窓生、後援会、貴農同志会、教職員各位に厚くお礼申しあげます。

2.記念礼拝・記念講演会

DSC_0106

 13時30分から会場を黒澤記念講堂に移して、ホームカミングデーの記念礼拝(物故者追悼)、記念講演が開催され、約80名の出席者が参加した。

 記念礼拝の司式は榮忍高校長によって行われ、讃美歌合唱のあと、聖書の朗読、今年度の物故者追悼が行われた。司会の加藤清雄校友会事務局長昨年度ご逝去された学生や旧教職員のご芳名を一人一人読み上げた。奨励では、榮校長が「支え合う関わりへの招き」とのテーマで説教して頂いた。礼拝の最後に全員での酪農讃歌を合唱し式を閉じた。

DSC_0110DSC_0124DSC_0125

 記念講演会は、加藤事務局長の司会で進行し、谷山弘行理事長より学園を取り巻く状況報告と講師への謝意の挨拶が述べられた。

 今年は日本獣医師会顧問 北村直人氏(前獣医学科同窓会長)を講師としてお迎えした。、「大切なのは記録と検証」をテーマに、ユーモアを交えながら、獣医療と動物福祉について、あるいは時の話題もふれながらの講演で聴衆を魅了した。(講演内容の詳細は後日、動画配信の予定です)。今回は昼食後や講演会終了後に屋上見学等も企画された。

DSC_0130DSC_0133DSC_0136

DSC_0153DSC_0137DSC_0157

 また今年からの新企画として大学周年同期会(卒後10、20、30、40、50周年)も夕方から新札幌のアークシティホテルで開催された(別掲)。

酪農学園同窓会(2017.09.13)|
掲載日:2017.07.03

全国大会出場のご案内(応援のご依頼)


卒業生の皆様へ

とわの森三愛高等学校同窓会
会 長 浅 野 政 輝

全国大会出場のご案内(応援のご依頼)

 拝啓 盛夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り心より感謝申し上げます。

 さて、私どもの母校である、酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校は、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の札幌支部予選大会および全道予選大会において、5つの体育系クラブがこの夏に行われる全国大会への出場権を獲得することができ、現在練習に励んでおります。

 つきましては、開催(会場)県の同窓生の皆様にも、是非とも会場へ足をお運びいただき現役生徒の勇姿にご声援を賜ればと存じます。本同窓会からまとまった応援者を派遣できれば良いのですが、遠方につきなかなか叶わず、開催地区の同窓生の皆様へご依頼をさせていただいた次第です。地元の皆様の応援は、生徒たちの大きな力になると思います。お忙しい中、急なご案内で恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。敬具

*全国大会出場クラブ、大会日程、会場 

・ソフトボール部 (7月28日~8月2日)
山形県白鷹町 白鷹町ソフトボール場
白鷹町野球場

山形県長井市 長井市野球場
あやめ公園多目的運動広場

・バドミントン部 (7月29日~8月3日)
山形県鶴岡市 鶴岡市小真木原総合体育館
鶴岡市藤島体育館

山形県新庄市 新庄市民文化会館
新庄市体育館

山形県尾花沢市 尾花沢市文化体育施設

・体 操 競 技 部 (8月1日~8月4日)
山形県酒田市 酒田市国体記念体育館

・男子ソフトテニス部(7月22日~7月25日)
福島県会津若松市 あいづ総合体育館
会津総合運動公園テニスコート

・女子ソフトテニス部(7月26日~7月29日)
福島県会津若松市 あいづ総合体育館
会津総合運動公園テニスコート

大会公式ホームページURL http://2017soutai.jp/
20170630_174016

酪農学園同窓会(2017.07.03)|

このページのTOPへ戻る