酪農学園同窓会 > OB会新着情報

Topics

OB会新着情報一覧

掲載日:2017.11.08

2017年度 酪小獣地塩会総会・小動物臨床研究会報告


P1030351

 地塩会の総会・研究会を平成29年11月5日、愛知県JR名古屋駅前の「ウインクあいち」(愛知県産業労働センター)9F905会議室を会場に、研究会講師として本学獣医学群伴侶動物内科学Ⅱ准教授の堀泰智先生をお招きし午後1時~5時の4時間に亘り開催しました。総会は永井勝会長の挨拶に始まり、進行を事務局に一任いただき報告事項・審議事項・その他と進行した。

1. 報告事項

① 平成28年10月30日愛知県JR名古屋駅前の「ウインクあいち」(愛知県産業労働センター)9F908会議室にて、総会と研究会を午後1時から5時までの4時間に亘り開催しました。

② 研究会講師として本学獣医学類伴侶動物内科学Ⅰ准教授の前原誠也先生をお招きし、「眼科の基本的な検査と前眼部(眼瞼・結膜・角膜)疾患について」をプロジェクターで118枚のスライドを駆使されて講義を頂きました。

③ 附属病院臨床教材ライブラリの配信について

平成28年1月8日「口腔MM 上顎骨~頬骨切除術」「口腔歯原生腫瘍上顎骨尾側・頬骨切除」が配信された後、11月1日に「肺葉切除 右後葉+副葉」「前立腺癌 膀胱・前立腺・尿道全摘」「尿道全摘」「甲状腺癌両側全摘」「断脚術」の配信が可能になった。

④ 酪小獣九州ブロック大桑 真代表理事から9月27日付で「酪小獣技術研修会への講師派遣助成打ち切りに対する対応について」の文書を頂いた、これについては11月6日4期同期会が福岡県久留米市で開催された折、大桑代表理事他1名と永井会長と加藤が詳細な経過を伺い、竹花学長に伝達しました。

2. 審議事項

① 2016年度(平成28年度)収支決算について : 会計報告を行い全出席者の了承を得た。

② 2017年度(平成29年度)事業計画について : 本日11月5日総会・小動物臨床研究会を開催する。

③ 役員改選

 永井会長と事務局長加藤は3期6年在任となったので両名から新体制を求める発議をし、会長に岐阜県岩佐達男氏(現副会長)、事務局長に愛知県浅井亮太氏を選出した後、ご両名から抱負の言葉を頂きました。
 役員改選で新体制になりましたので、2017年11月5日現在の役員名簿を全会員に通知することとします。

P1030329P1030331

④ 地塩会の運営・在りかた・現状の如何

⑤ 連絡網の見直し

④と⑤について、加藤から参加人数が毎年少しずつ減少傾向にある事・新しい卒業生の加入が殆ど無い事を申し上げ、如何に卒業生の認知を得られるかを考えると、現在は中部7県地域割りをして幹事を置き担当会員に情報の伝達・収集をお願いしているが、卒業期数単位で幹事を設置する形に変更したらどうかと提案をしたところ出席会員からも賛同の意見がなされ、新会長新事務局長お二人から検討をすると言うご発言を頂きました。

3. その他

付属動物病院臨床教材ライブラリの配信について、母校と卒業生を繋ぐ有効なツールなので、ETCからメールにて配信連絡が有り次第、接続して利用して欲しい旨を会員にお願いをした。

 小動物臨床研究会は、堀泰智先生が「犬の心臓病の診断と治療(循環器バイオマーカーを中心に)」についてスライドを駆使されて、分かりやすく丁寧な講義をされました。

P1030337P1030339

 堀泰智先生は北里大学獣医畜産学部獣医学科卒で日本獣医循環器学会・動物臨床学会等でご活躍中の新進気鋭獣医学博士であり、現在は本学伴侶動物内科学Ⅱユニット准教授を務められておられます。

 講義の内容は、心臓バイオマーカーの臨床応用・ピモベンダンの適応・ACE阻害薬の今後等々にわたり、診断・治療法と経過を軸に循環器検査と言えば心エコー図検査であるが、循環器検査には重症度を評価する方法として「心臓バイオマーカー」が有りとして、その特性を詳細に話されとても有意義で有りました。

P1030340P1030344P1030348

 会員からは臨床医ならではの質問が多くあり、先生から的確なお答えを頂き、会員からは満足した感じが伝わる非常に良い研究会であったと思っております。

 会場は殆どが堀先生より年配の卒業生で有るに関わらず、歳の差を感じさせない質問と回答のやり取りで有り、充実した質の高い研究会で有りました。

 懇親会は午後5時から7時までの2時間で恒例の「百楽」で開催しました。

 岩佐達男新会長の開会挨拶永井勝前会長の乾杯で始まり話が弾み、堀先生の周りには会員が常に取り巻き、会員が講師の先生から何かを得たい親しくしたいという雰囲気が強く出た実りのある会で有りました。

P1030355P1030358P1030361

 最後は恒例の酪農賛歌を全員で肩組み全3番まで歌い終了しましたが、堀先生も一緒に肩を組み微笑みながら歌っておられたのが非常にうれしく感じ、講師と会員が酪農学園精神で一つになった良い懇親会でした。 (文責:前事務局長加藤正木)

P1030366P1030367P1030368

酪農学園同窓会(2017.11.08)|
掲載日:2017.11.06

獣医学科23期(26周年)24期(25周年)合同同期会


IMG_1318

IMG_1299 9月9日土曜日、酪農学園ホームカミングディ参加後、ジャスマックプラザ ホテルB1「花遊膳」宴会場にて24期生とともに合同同期会開催しました。参加者は24名。代表幹事は後藤。幹事は吉田充宏氏、寺澤元子氏。

 酪大生(らくだいなまというビール)で乾杯後、18時より23時まで開催しました。25年ぶりに会う後輩の間柄の人も多く、時間が足りないくらい楽しい時間を過ごせました。

 途中「一村一品大抽選会」と題したおみあげ交換会では自己紹介とともにご当地の宣伝もしていただき、また学生時代に負けない自慢のパフォーマンスを披露する者もいてお笑いもたえない5時間でした。(文責 後藤正光)

IMG_1324IMG_1327

酪農学園同窓会(2017.11.06)|
掲載日:2017.11.06

酪農学園体育会ワンダーフォーゲル部 箱根OB・OG会報告


image001

 11月4日~5日箱根強羅温泉にて開催されました。

 2014年11月に創部50周年を期して正式にワンダーフォーゲル部OB会が設立され、早3年となりました。正式な総会は2年に一度札幌で開催、その間に東京でミニOB会という慣例に従い2回目の開催となります。

 連休中日好天に恵まれ大混雑の箱根温泉郷、集合時間に遅れた参加者もいましたが、高澤会長の挨拶につづいて参加者の近況報告に耳を傾けた後は硫黄泉にゆっくりと浸かり、日頃の疲れをいやしました。

 今回は東京ではなく箱根という事で参加人数はやや少なく13名でしたが、北海道からも遠路2名参加、初めての参加者も2名いて宴会とカラオケ室での2次会更には部屋呑み3次会と夜のふけるのも忘れ現役時代の思い出や近況の確認で話は尽きませんでした。

 翌朝は皆で朝食後箱根周遊される方、急ぎ帰宅する方と流れ解散となり、またの再会を誓いあいました。(文責 作田昌彦)

酪農学園同窓会(2017.11.06)|
掲載日:2017.11.01

獣医学科第18期30周年同期会報告


獣医18期30周年

 去る10月21日(土)午後2時から酪農学園大学内の「黒澤記念講堂」を会場にして標記の周年30同期会の記念礼拝・講演会等が行われた。参加者は同期生等50名。代表幹事は川本哲、幹事は石岡菜穂子、柴田啓子。式次第は以下のとおり。

1.黙祷

2.礼拝および奨励題「師を超える」:高橋優子氏(獣医倫理学 准教授)

3.獣医学類の現状と今後の方向:山下和人氏(獣医学類長)

4.獣医学科同窓会の現状と今後の取り進め:南 繁氏(獣医学科同窓会長)

5.恩師の紹介

 記念礼拝・講演会終了後、札幌市内の「ホテル札幌ガーデンパレス」に会場を移して懇親会が開催された。

酪農学園同窓会(2017.11.01)|
掲載日:2017.11.01

獣医学科 第29期生 卒業20周年記念同窓会報告


29期生20周年集合写真

 2017年 9月 17日(日)午後6時から新札幌のホテルエミシア札幌 パレスホール東を会場にして29期卒後20周年同期会が開催された。

 台風の影響で急遽参加出来なくなった参加予定者が数人出たが、総勢64名 (卒業生53名、子供5名、先生6名) が出席した。

種池哲朗先生の乾杯で開会し、新山雅美先生、種池哲朗先生、中尾敏彦先生、加藤清雄先生、中出哲也先生、山下和人先生 (宮庄?) からご祝辞を頂いた。

 幹事会で作成した入学時の写真と卒業時の写真を全員分載せたスライドショー (45分間) を上映し、思い出を語り明かした。

 二次会を同ホテル『スターズ・バー』(21:00〜23:00) で行い、総勢50名が参加した。

(代表幹事:小池 政紀。幹事:宮庄 拓、久万田 剛)

酪農学園同窓会(2017.11.01)|
掲載日:2017.10.31

獣医学科第一期生同窓会開催報告


DSCF0289

 平成29年10月26日(木) 岩手県花巻温泉で8名の同期生と2名の婦人が同伴し、旧交を温めつつ楽しい一夜を過ごしました。又、大学同窓会から助成を、同窓会岩手県支部支部長多田洋悦様から歓迎のお言葉とお祝いを頂き、盛会に開催する事が出来た事に深く感謝いたします。

 一期生も年齢を重ねて来て、体調不良の為参加出来ない同窓生も多くなっていますが、来年は卒業満50年を迎えますので、来年も同窓会を開催する事を約束し別れました。

 2017.10.30(獣医科一期生 木村周一 記)

酪農学園同窓会(2017.10.31)|
掲載日:2017.10.30

獣医学科11期39周年(熊本震災復旧を応援する佐賀(武雄温泉)の旅)同期会報告


39周年001

 昨年、佐渡島での同期会で「来年は川野幹事お願い」この一言で引き受けることになりました。日程は、10月21日全国から20名が福岡空港集合、学問の神様菅原道真公を祀った太宰府天満宮(福岡)⇒佐賀県に入り国指定特別史跡吉野ヶ里遺跡⇒日本三大稲荷の一つ祐徳稲荷⇒武雄温泉・ホテル春慶屋泊、翌10月22日は楼門(東京駅と同じ辰野金吾設計・二階天井の四隅には子、卯、午、酉の彫り絵があり、東京駅南北ドームの天井には他の8つの干支がある。楼門の4つの干支と東京駅の8つの干支を合わせると十二支が揃う)⇒国特別史跡名護屋城(秀吉朝鮮出兵の拠点)⇒唐津くんち曳き山展示場・唐津城天守閣(別名舞鶴城)⇒福岡空港解散でした。

 ただ毎年この日程で終わらないのが11期、まず前日(20日)に集まった者で前夜祭、9名が集い午後10時過ぎまで盛り上がりました。前述のとおり21日午前10時全国各地より20名が集合。台風21号九州の南東接近中でどんよりした天気の中、早速バスに乗り宴会開始、日本酒・缶ビールに缶チューハイ!気持ち学生に戻ってワイワイガヤガヤ観光行程を経て、あっという間にホテル到着、3名が直接ホテルで合流し計23名、祝宴は、幹事川野の進行で始まりました。先ずは、物故者に対し黙祷、大江さんの声高らかな祝杯の発声で宴会開始。しばらくの歓談のあと参加者全員のショートスピーチで近況報告。話題は、家庭(家族)・退職・年金・健康・趣味等々多岐に渡り感心するやら頷くやら。その後、川野が趣味の「バナナの叩き売り」を披露。絶賛の拍手を頂きました。最後は、大将(伏見さん)の閉会挨拶・万歳三唱のあと元応援団の安田さんの酪農讃歌そしてエールで締めました。二次会は、スナック貸切りで話の続きとカラオケで盛り上がり。ホテルへ戻り飲み足りない者は三次会(部屋飲み)へ。

 台風21号の九州接近で帰りの飛行機を心配しつつ、22日の観光へ出発。少しづつ風雨が強まり雨に濡れる心配もありましたが、徒歩中は全く雨降らず皆様の日頃の行いが良いのかも………。午後になると益々風雨が強まり、途中バスが左右に揺れる場面も。予定通り福岡空港到着し、バス内にて万歳三唱後解散。それぞれの故郷へと帰路に着きました。一部、飛行機が欠航になり新幹線に乗り換えたりとか。バスガイド丸田さんの豊富な話題とトンチのきいた話で退屈しない2日間でした。旅行会社の早坂さん、準備からお世話になりました。皆様には健康に留意して、来年40周年北海道で元気にお会いしましょう。お疲れ様でした。

 平成29年10月24日(文責 幹事・川野雅美)

酪農学園同窓会(2017.10.30)|
掲載日:2017.10.25

獣医学科2期同期会卒後49周年大会が開催される


獣医学科2期同期会卒後49周年大会集合写真

 平成29年9月24日から26日まで,獣医学科2期同期会が開催され,同期生13名とその家族7名が集まった。

 我々2期生は毎年場所を変えて集まる習慣となっており,今年は日光・東京スカイツリー・築地市場見学・浅草仲見世通り散策・水上バスによる隅田川下りという欲張ったコース設定となった。

 初日は,午後3時に栃木県宇都宮駅にそれぞれの地から集まり,沖縄からの参加者は那覇空港から成田空港に到着後そのまま成田空港発の長距離バス乗り継ぎ栃木まで直行するという強行軍であったが,チャーターバスの出発時間に5分遅れという僅差で到着,そのまま日光中禅寺湖までという忙しい旅をしてくれた友もあった。

 星野リゾートで有名な界日光に宿泊し,屋根が全て銅板造りという豪華なホテルでの宴会となった。

 2日目は朝9時にチャーターバスに乗り込み,華厳の滝を見学し,その後日光東照宮参拝となった。昼食会場は,大正時代から営業を続けている日光金谷ホテルに向かい,旅雑誌でよく紹介されているカレーライスの味を楽しんだ。その後JR宇都宮駅に移動後新幹線に乗車し,東京駅から有楽町交通会館ビルにある酪農学園東京事務所を訪ね,高澤所長から北海道に位置する大学が,遠く離れた東京に事務所を設置することの意義について,お話を伺うことができた。その後,地下鉄に乗り新富町で下車,すぐ前の銀座キャピタルホテルに投宿し,荷物を置いた後,すぐ近くの居酒屋鍛冶屋文蔵で二度目の宴会を行い,同期生の中で唯一小動物診療界に進み,引退後隅田川沿いの高層マンション52階に住む河野君からその夜の宴会からの参加の申し込みといううれしい増員。翌朝5時起きでの築地市場見学を約束して遅くまで旧交を温め合う事が出来た。

 3日目の朝は,前日の深酒にも臆せず築地場外市場を徒歩で目指し,市場風景や食堂での朝食を楽しむことが出来た。

 その後ホテル前からハトバスで東京スカイツリー見学や浅草仲見世散策の後,水上バスに乗り換え隅田川を下り日の出桟橋までの船の旅を楽しんだ。そこでバスに乗り換え,東京駅まで名残を惜しみつつ到着後解散となった。

 来年は,いよいよ卒業後50周年記念同期会となるが,鮭が母川に戻るが如く,我々を育んでくれた母校のホームミングデー参加に合わせての開催を約束し,名残を惜しみ再会を約束しつつそれぞれの家路へと別れた。

 気心の知れあった友との交遊は楽しきものであり,若かりし頃の思いでと共に温かいものをぞれぞれの心に与えてくれた。

 友よ来年九月に大学で逢おう!! どうかそれまで健康を保って欲しい。(文責 唐仁原 景昭)

参加者 植田、大平、唐仁原、橋、逸見、松本、山本ご夫妻

新崎、河野、斉藤、坂井、高橋、宮本君

酪農学園同窓会(2017.10.25)|
掲載日:2017.10.23

獣医学部第39期卒業生10周年記念同期会報告


39期10周年集合写真2

 2017年10月14日(土)午後4時から札幌京王プラザホテルを会場に獣医学科第39期10周年記念同期会が開催された。参加者は65名。代表幹事は中村晃三、幹事は小林進太郎氏、長峯栄路氏。

 当日は4時に集合して集合写真撮影を実施。その後は会場を移動し同期会開催。同期会では加藤清雄先生、中出哲也先生、廉澤剛先生、谷山弘行先生、山下和人先生にコメントを頂き、たいへん盛り上がりをみせて終了しました。

 終了時には加藤清雄先生に音頭を取って頂き、全員で輪になって酪農讃歌を合唱して閉会しました。(文責 中村晃三)

酪農学園同窓会(2017.10.23)|
掲載日:2017.10.18

大学獣医学科第6期卒業生卒後45周年同期会報告


獣医六期45年

 10月12日(木)午後2時半、岩手県一関市矢びつ温泉「瑞泉閣」を会場にして6期生45周年同期会が開催されました。参加者は23名で今回の代表幹事は小野寺純一君。

 当日一ノ関駅東口に集合だが、集合時間よりも早く来る者が多く遅刻者は無く、予定通り世界遺産「中尊寺金色堂」を見学してガイドさんの話に熱心に耳を傾けていました。

 懇談会では小野寺幹事の歓迎の挨拶、南同窓会長から「同窓会の現況について」の話があり、一番遠くから出席した愛媛の仙波君の発声で乾杯し宴会に入りました。

 宴会中には、菊池君からの提案があり物故同期生に対し黙祷が捧げられました。二次会ではDVD鑑賞となり、今年逝去した更科君の奥様から送られてきたDVDで更科君の姿を懐かしみ、獣医学科創立50周年DVDでは創成期の古い校舎や懐かしい先生方そして自分たちの若かった姿を見ながら夜の更けるのも忘れて旧交を温めました。

 翌13日には名勝・日本百景猊鼻渓船下りを楽しみました。次回は、2年後に白川君が企画する函館の同期会で再会することを約束して解散となりました。(文責 幹事 渡邊 正信)

酪農学園同窓会(2017.10.18)|

このページのTOPへ戻る