酪農学園同窓会 > OB会新着情報 > 職域OB会 > 小動物開業医会中部(地塩会)総会・研究会報告

Topics

掲載日:2013.10.29

小動物開業医会中部(地塩会)総会・研究会報告

小動物開業医会中部(地塩会)総会・研究会報告

DSC_0057

 中部地区小動物開業医会(地塩会)の2013年度総会・研究会が10月27日(日)、名古屋駅前地区にある名古屋市ウインクあいちを会場に28名の出席者により開催された。本学からは福山二仁常務理事、講師の山下和人獣医学群教授、浦川が出席した。

 午後1時より加藤正木氏の進行で総会が開催された。報告事項として事業報告、会計報告、監査報告が行われ、拍手で承認された。審議事項では会の名称を「小動物臨床医会(地塩会)」から「酪小獣地塩会」に変更が提案され承認された。また「事務局および事務局長」の文言が会則に追加された。役員では岩佐達男氏が副会長に追加承認された。

DSC_0004DSC_0007DSC_0018

 その他、会計年度の変更や総会成立要件の提案があり、原案どおり承認された。

 総会終了後、休憩を挟んで研究会が行われた。「周術期疼痛管理」について山下和人教授より、100枚を超えるPPTにより3時間を超える研修が行われた。開業医の先生方からも質問が多数あり、大変盛況な研修会であった。

DSC_0026DSC_0028DSC_0039

 研修概要は痛みの伝達経路:導入・伝達・修飾・投射・認知の生理学をわかりやすく紹介した。次に週術期疼痛管理として術後疼痛の痛みレベル評価・先取り鎮痛・マルチモーダル鎮痛・CRI・局所ブロック等を紹介した。最後に本学附属病院での診療活動概要を症例等により紹介した。

 研修会終了後は会場を移して懇親会が開催された。永井会長のご挨拶ののち、福山常務より周年事業含めた学園の現況報告が行われた。岩佐達男副会長の乾杯により懇親会が和やかな雰囲気で開催され、最後は恒例の酪農讃歌で閉会となった。

DSC_0064DSC_0074DSC_0075DSC_0076DSC_0085DSC_0096

酪農学園同窓会(2013.10.29)

このページのTOPへ戻る