酪農学園同窓会 > OB会新着情報 > 研究室・教室OB会 > 上田純治教授・小阪進一教授最終講義報告

Topics

掲載日:2014.02.10

上田純治教授・小阪進一教授最終講義報告

上田純治教授・小阪進一教授最終講義報告

DSC_0416

 2月10日(月)10時から酪農学園大学C1棟101(旧C10)番教室において、酪農学部酪農学科 家畜遺伝学研究室 上田純治教授・草地学研究室 小阪進一教授の最終講義が約150名の学生・教職員の出席により行われた。最終講義は寺脇教授の進行で始まり小宮道士学科長が両教授のご経歴を詳細に紹介した。

DSC_0340DSC_0341DSC_0343

 上田教授の最終講義は「遺伝子マーカーと家畜育種」と題して家畜育種の歴史、免疫・分子遺伝分野の遺伝子マーカー、北海道和種馬やヘレフォード種での遺伝子、DNAマーカーと家畜育種について等について、約50分難解な遺伝子をPPTによりわかりやすく説明した。

DSC_0357DSC_0361DSC_0368

 最後にはゼミ生から花束が贈呈された。

DSC_0370DSC_0372DSC_0375

 続いて義平教授の進行による11時からの小阪教授の最終講義は、最初に経歴や研究分野、学園の年表や入学者数推移等を基にして70年代当時の学園の出来事や温室や実験圃場の設置経過等を述べた。

DSC_0377DSC_0378DSC_0380

 その後に最終講義のテーマである「草地を構成する植物たち」について講義した。混播での刈取高や頻度、草種の組合せによる影響、雑草の出現頻度、元野幌農場での牧草地植生改善等についてPPTを用いて実験結果データを報告した。

DSC_0384DSC_0390DSC_0402

 退職にあたり、学生指導等教育研究専念への改善を要望した。会場には多くのOBOGが集まり、最終講義を熱心に聴講していた。ゼミ生やOBからの花束贈呈のあと、関係者により集合写真撮影が行なわれた。

DSC_0407DSC_0409DSC_0411

酪農学園同窓会(2014.02.10)

このページのTOPへ戻る