酪農学園同窓会 > 支部新着情報 > 九州地区 > 平成27年度酪農学園長崎県支部同窓会総会報告

Topics

掲載日:2015.07.23

平成27年度酪農学園長崎県支部同窓会総会報告

平成27年度酪農学園長崎県支部同窓会総会報告

image001

 平成27年7月18日(土)午後3時30分から長崎県諫早市のAコープ・レストランにおいて、本学から福山二仁常務理事、同窓会会長の小山久一様をお招きし、19名の会員の出席で開催された。

 総会では、小山同窓会会長及び福山常務の祝辞に次ぎ、平成26年度事業・会計報告、監査報告が行われ、平成27年度事業計画が審議され、承認された。続いて、役員改選が行われ、初代長崎県支部長(現九州連合同窓会会長)の古賀友英氏が顧問に就任。新支部長に松崎秀保氏が引き継ぐことになった。副会長には、長年、事務局長として支えてきた岩永政弘氏と北村政巳氏が就任。事務局長を久保達彦氏が就任となった。

 記念講演では、酪農学園 教育センター特任教授(建学原論担当)の小山久一様より、『建学原論と上野幌で芽吹いたデンマーク農業』をテーマとした講演を頂き、参加者みな、学生時代にタームスリップしたように熱心に聞き入りました。

 懇談会では、新会長の松崎秀保会長の乾杯の発声で懇談会が開始され、終始和やかな雰囲気で大変盛り上がり出席者全員による近況報告が行われました。大学時代の思い出話や大学への思い、近況等も含め話を弾ませ、同じ酪農学園大学の同窓生としてより団結が強まる懇談会となった。また、最後には全員、肩を組んで酪農讃歌を熱唱、岩永副会長の閉会の挨拶でお開きとなった。

image002

 なお、2次会でも小山同窓会会長に出席頂き、大盛り上りでした。(文責 事務局)

酪農学園同窓会(2015.07.23)

このページのTOPへ戻る