酪農学園同窓会 > 支部新着情報 > 北海道第五 > 北海道第5地区十勝支部第9回総会報告

Topics

掲載日:2020.01.29

北海道第5地区十勝支部第9回総会報告

20200125酪農学園同窓会十勝支部総会集合写真

 1月25日(土)11時より同窓会北海道第5地区十勝支部第9回総会が若竹会館で開催された。出席者は29名。飯島 勝 支部長の開会挨拶につづいて、来賓の 小山 久一 同窓会会長と 竹花 一成 酪農学園大学学長からのご祝辞をいただいた。小山会長の挨拶の中では全国的に大地区での同窓会出席者が減少している反面、小地区での同窓会活動が活発になってきている傾向があることや、学園の同窓会を一本化する動きもあるが一筋縄では行かないという話があった。

 また竹花学長の挨拶ではとわの森三愛高等学校卒業生の2名がオリンピック代表に選ばれる可能性が高いことが紹介された。1人はバドミントンの 松本 麻佑 選手(ペアを組んでいる永原和可那選手は芽室町出身)で、もう一人はバレーボール男子日本代表の 山本 智大 選手。

 議事の一つであった十勝支部発足10周年記念事業として酪農学園視察を行う案は了承された。今のところ酪農学園で7月4日に開催されるホームカミングデーに合わせる予定だが、詳細は今後役員会で詰め、企画していく。

 総会前に行われた講演の講師は昨年に引続きお願いした帯広ライフサポート協会代表 佐藤 悦弘 氏。「防災の知恵 第2弾」と題し100均ショップで売られているグッズを会場に持ち込んで実習形式で行われた。合わせて説明していただいた心肺蘇生法やAEDの使用方法は非常に役に立つ内容であった。

 昼食会は、近 雅宜 後援会常務理事の乾杯の発声ではじまり、限られた時間ではあったが参加者は親睦を深めていた。最後は 畠野 健一 副支部長の閉会挨拶で解散となった。

(文責 藤原 崇)

酪農学園同窓会(2020.01.29)

このページのTOPへ戻る