酪農学園同窓会 > 支部新着情報 > 九州地区 > 九州地区熊本県支部総会報告

Topics

掲載日:2020.02.13

九州地区熊本県支部総会報告

熊本県支部総会集合写真2019.9.7

 9月7日(土)、熊本市内の「和数奇屋司ホテル」を会場にして、平成30年度熊本県支部総会が開催されました。本学からは加藤清雄同窓会副会長、記念講演講師として日向貴久准教授をお招きしました。

 総会に先立ち、記念講演が「TPPの展望と今後の農業経営」と題して行われた。

 海外と比較した日本の酪農事情、WTO体制での国境措置と今回のTPP・EPAの内容、畜産物輸入の推移と今後の展開、経営管理の重要性等をスライドで紹介していただいた。最後に今回の関税引き下げは国内乳価形成の影響が大きいこと。アメリカの圧力が強いこと。経営の数値化により弱点の見直しが求められていること等を述べた。

 総会は竹本の司会で進行し、藤崎支部長の歓迎のご挨拶に続き、加藤副会長、日向准教授からご挨拶を頂戴した。

 議案では、議事1として平成30年度会計報告・会計監査報告が提案され、承認された。議事2として熊本県支部会則の改正に係る報告が提案され、承認された。

 総会終了後、同ホテル内で和気藹々の雰囲気の中で懇親会が開催された。(文責: 事務局長 竹本 智公)

酪農学園同窓会(2020.02.13)

このページのTOPへ戻る