酪農学園同窓会 > 支部新着情報 > 北海道第二 > 同窓会連合会北空知地区平成24年度通常総会報告

Topics

掲載日:2012.02.20

同窓会連合会北空知地区平成24年度通常総会報告

 2月18日(土)17時30分より同窓会連合会北空知支部総会が滝川市「福喜園」を会場に行われた。高谷富士雄会長以下出席者総数22名。本学から谷山弘行大学学長、榮忍とわの森三愛高校長、野村武同窓会連合会会長、浦川の4名が出席した。
総会に先立ち、高谷北空知支部会長のご挨拶ののち講演会が行われた。講師は谷山学長と野村会長が「大学・短大の現況報告」「最近の連合会の活動状況」について、それぞれ20分程度の講演を行った。谷山学長は「大学改革の中における基盤教育や建学原論等の導入や入試の状況等の現況」を報告。野村会長は「会員組織の現況や会則改訂の実質化に向けた昨今の地区支部の取組状況」について報告した。
その後、休憩を挟んで総会に入った。議長に尾崎義憲副会長を選任して進められた。総会は議案一号から四号まで審議され、一部修正を加え原案どおり承認された。事業計画の中では母校訪問が予定されている。榮忍高校長が入学試験のため到着が遅れたため高校の状況について来賓挨拶の中で紹介した。
 総会終了後、記念撮影ののち懇親会へと移行した。高谷会長の挨拶後、野村武連合会会長の乾杯の発声後、懇親会が開催された。8時40分北準一顧問の閉会のご挨拶により懇親会を終了した。

酪農学園同窓会(2012.02.20)

このページのTOPへ戻る