酪農学園同窓会 > 支部情報 > 26.根室支部

Topics

26.根室支部一覧

掲載日:2017.03.15

北海道第5地区(道東)根室支部総会報告

 去る2月18日(土)午前11時から、中標津市内「トーヨーグランドホテル」を会場に平成28年度酪農学園根室支部同窓会総会が64名の出席者で開催されました。本学からは小山久一同窓会会長、永田享後援会常務理事、小岩政照教授(講師)が出席しました。

 第Ⅰ部の総会では前水沼猛氏への黙祷で開始し、乾雅晴会長が歓迎の挨拶を述べた。その後、本学からの来賓者が紹介され、それぞれの立場から謝意の挨拶を述べた。

KIMG1701_RKIMG1702_RKIMG1703_R

KIMG1705_RKIMG1706_RKIMG1707_R

 総会では報告事項として①新役員体制について ②事務局等の委嘱について報告され承認された。協議事項では①会計状況(監査報告含む)について ②今後の同窓会の運営について ③その他では「1年後幹事会、2年後総会」開催 について協議され、事務局原案が承認された。

 第Ⅱ部の記念講演は別会場で「仔牛の管理について」と題して本学獣医学群獣医学類の小岩教授がスライドを用いて講演した。仔牛が価格高騰の状況にある中で、仔牛の健康管理特に疾病予防や乾乳期の重要性、仔牛の免疫力等についてわかりやすく述べた。会場では90名近い酪農関係者が講師の講演を熱心に聴講した。

KIMG1708_RKIMG1710_RKIMG1711_R

 第Ⅲ部の昼食会は森田正治会長代行の挨拶で開会し、小岩教授の牛乳での乾杯の音頭で昼食となった。和やかな雰囲気の中、大田誠副会長の挨拶で終了した。

KIMG1712_RKIMG1713_RKIMG1714_R

KIMG1719_RKIMG1722_RKIMG1727_R

 なお、総会終了後、夕刻には小岩講師を囲んでの懇親会も開催された。

酪農学園同窓会(2017.03.15)|
掲載日:2015.03.02

北海道5区根室支部総会研修会報告

北海道5区根室支部総会研修会報告

DSC_0073

 2月28日午後7時から「寿宴」を会場に根室支部懇親会が17名の同窓生が出席して開催された。あいにく悪天候のため中標津空港閉鎖の影響で本学から出席することが出来なかった。

根室1根室2根室3

 1日は11時から同会場で総会と昼食会を挟み、研修会が28名の出席により開催された。本学からは福山常務理事、永田享後援会常務理事が出席した。同窓会からは野村会長代理で堀内信良副会長、浦川が出席した。

DSC_0003DSC_0008DSC_0010

 総会は佐藤良文事務局長の司会進行に開始し、まず水沼猛根室支部長から開会挨拶が行われた。その後、司会者からの来賓者や講師紹介のあと、酪農学園の近況報告として福山二仁常務理事から学園の現状について詳細に報告した。高校・大学の入学状況、男子寮の建設、フィールド教育研究センターや私学法や学校教育法改正に伴う諸課題について述べた。

DSC_0014DSC_0016DSC_0025

 続いて同窓会の近況報告として会長代行として堀内副会長から各単位同窓会、地区支部同窓会の近況報告と創立者生誕130年記念の遺訓集を紹介した。

DSC_0028DSC_0045DSC_0050

 総会議事では役員の承認について水沼支部長他現役員が承認された。事務局の承認(委嘱)では佐藤良文氏、長渕豊氏が提案され、承認された。収支決算書についても報告され承認された。その他では2月23日に行われた酪農学園大学と中標津町他関係5団体との地域総合交流協定について概要が紹介された。

DSC_0056DSC_0064DSC_0067

 総会終了後、同会場で集合写真撮影が行われ、その後、隣の昼食会場に移動した。昼食会では後援会永田常務から後援会の現状報告と寄附依頼の挨拶のあと、中標津牛乳で乾杯し、テーブル毎に和やかな懇談が行われ、吉田孝一副会長の閉会の挨拶で終了した。

DSC_0082DSC_0088DSC_0102

 昼食後、午後1時からふたたび総会会場に戻り、長渕豊氏の司会により研修会が開催され、「根室酪農の動向と経営の展開方向」のテーマで本学農食環境学群循環農学類の吉野宣彦教授が約1時間の講演が行われた。

DSC_0105DSC_0108DSC_0109

DSC_0110DSC_0113DSC_0118

 教授はスライドを用いて卒業生の就農動向、酪農の経営動向、根室における経営分析サポート、大学と地域のあり方について詳細なデータをもとに報告し、質疑応答も行われた。最後に閉会のご挨拶が森田正治会長代行から行われた。

DSC_0124DSC_0127DSC_0130

酪農学園同窓会(2015.03.02)|
掲載日:2012.02.28

同窓会連合会根室支部総会・研修会開催報告

 2月26日(日)11時15分より同窓会連合会根室支部総会がトーヨーグランドホテルを会場に行われた。出席者60数名。本学からは福山二仁常務理事、榮忍校長、永田享後援会常務理事、同窓会野村武会長、浦川の5名が出席した。低気圧の谷間をぬっての幸運なフライトであった。
総会は、「りんどうの間」において佐藤良文事務局長の進行で実施。まず1月に逝去された前佐々木喜一郎前支部会長を偲び全員で黙祷した。森田正治実行委員会委員長より挨拶があり、開催経過等が述べられた。根室では7年ぶりの開催である。議案は1)会則変更。2)会長等の選出。3)事務局委嘱。会則変更は(役員)(会計)(総会)の条項の一部を現状に沿って修正提案し、承認された。会長等の選出は、支部会長に水沼猛氏(別海町長)、副会長に乾雅晴氏(中標津農協代表幹事)、吉田孝一氏(標津町農協副組合長)3)事務局は事務局長 佐藤良文氏(計根別農協参事)、長渕豊氏(中標津農協購買部長)が選出された。

水沼新支部会長は就任挨拶で同窓生への協力依頼を行った。その後、来賓紹介ののち来賓挨拶が行われた。榮高校長は「高大連携の推進状況と高校の現況報告」、野村会長からは「同窓会連合会の現況報告」、福山常務は祝杯を兼ねての挨拶において「学園全般の状況と入試状況報告」を行った。

 終了後、昼食懇親会に入った。永田常務より「後援会からの謝意と後援会維持会員加入のお願い」、同窓会事務局からもHP等による情報提供のお願いを行った。

 吉田孝一副会長より閉会の挨拶があり、総会と懇親昼食会を終了した。
 12時30分より「グランドホール」を会場に移し、「食の安心・安全を食卓に」‐食の安心・安全を担う「管理獣医師」‐と題して、北村直人氏(獣医学博士・本学特任教授・農場管理獣医師協会会長・獣医学科同窓会会長)の研修会(講演会)が行われた。
 この研修会(講演会)は同窓会根室支部が主催し、北海道獣医師会根室支部の後援をいただいての実施で90名を超える同窓生及び獣医師等関係者の方々が出席した。
14時10分からは、同会場において、根室管内農協組合長会、根室地区酪農対策協議会共催による研修会(講演会)が開催された。講師は鈴木宣弘東京大学大学院教授で演題は「TPPの大罪」。会場には900名近い参加者が約1時間半に亘る講演を熱心に拝聴した。夕刻より出席者有志による直会懇親会が同ホテル3階で行われた。


酪農学園同窓会(2012.02.28)|
掲載日:2012.01.18

同窓会連合会根室支部総会・研修会(終了)

 酪農学園同窓会根室支部の同窓会総会・研修会(講演会)が下記のとおり開催されます。根室支部同窓生の方々にはおかれましてはお誘い合わせのうえ、ご参集いただきますようお願い申し上げます。
              記
日 時:2月26日(日) 11:10~15:40
会 場:トーヨーグランドホテル
(〒086-1060 北海道標津郡中標津町東20条北1  TEL:01537-3-1234 )
内 容:根室支部総会 11:15~12:20 
    研修会(講演会)
    ①12:30~13:30  「農場の安全・安心を食卓に」
                 ‐食の安心・安全を担う管理獣医師‐
         講師:北村直人氏 酪農学園大学獣医学部特任教授
          (後援:北海道獣医師会根室支部) 
    ②14:10~15:40 「TPPの大罪」について
         講師:鈴木宣弘氏 東京大学大学院教授
          (共催:根室管内農協組合長会、根室地区酪農対策協議会)
連絡先:森田動物病院 森田正治 (TEL 0153-72-1333)
       e-mail:animaru@morita-ah.com

酪農学園同窓会(2012.01.18)|
掲載日:2005.01.15

根室支部同窓会

根室支部同窓会は1月15日、中標津町 マルエー温泉において平成16年度通常総会を開催しました。提案された議案審議終了後学習会、交流懇談会が開かれました。
 卒後教育講座では高橋節郎酪農学園副理事長・同窓会連合会長が「酪農学園の近況について」講演し、学園は施設の拡充や、学部の改組等で時代にあった教育を展開しており、卒業生の学園に対する益々の協力を必要であり支部組織の拡充強化が必要であると挨拶しました。学習交流会では特別会員の北村直人代議士も出席致し有意義な一時を過ごして、無事総会・交流会を終了しました。

酪農学園同窓会(2005.01.15)|
 | 

このページのTOPへ戻る