酪農学園同窓会 > 支部新着情報

Topics

支部新着情報一覧

掲載日:2020.02.27

酪農学園同窓会 大坂府・奈良県・和歌山県合同支部同窓会報告

阪奈和合同同窓会集合写真

 令和2年2月11日(火)11時から大阪市内にある「道頓堀ホテル」を会場にして令和元年度の大阪府・奈良県・和歌山県の3支部合同同窓会が開催された。

 参加者は大阪府37名、奈良県8名、和歌山県6名、近畿地区役員3名。講師の鮫島邦彦名誉教授、学園から竹花一成学長、加藤清雄同窓会副会長の総勢57名でした。

 講演会では鮫島邦彦名誉教授より、酪農学園創設者黒澤酉蔵先生との出会いや大学草創期におけるご苦労されたお話を伺い、現在の学園に対するご助言、更にこれからの学園と卒業生に期待するご提言をいただいた。

 来賓挨拶では竹花一成学長より、酪農学園大学、とわの森三愛高校の現在の状況などをご紹介いただいた。また、同窓会からは加藤清雄同窓会副会長(会長代行)が、全国の酪農学園同窓会の状況などを紹介いただいた。

 学科別では酪農学科29名、農業経済学科5名、獣医学科20名、短大3名の同窓生が卒業学科や卒業年度の枠を超えて親睦を深めた。

(文責 幹事:吉田文三(大阪府支部長)・梶山佳秀(奈良県支部長)・澤竹孝幸(和歌山県支部長))

酪農学園同窓会(2020.02.27)|
掲載日:2020.02.27

中部地区支部長会議開催報告

P2080748P2080749

 2月8日(土)同窓会愛知県支部総会・研修会の前に名駅「百楽名古屋店」にて、来賓の小山久一会長、竹花一成学長、中部地区各県支部長の加藤正木氏(愛知県)、岩佐達男氏(岐阜県)、藤井敏夫氏(石川県)、仲村和典氏(福井県)村田耕一郎(三重県・地区長)の7名が出席して標記の支部長会議を開催しました。

 会長のご挨拶では、同窓会は学園とは別の組織として健全な組織運営を行うとともに益々の発展を求めていくとの話がありました。

各支部の活動状況

岐阜県:2018年11月11日 加藤同窓会副会長、石島副学長を来賓に迎えて総会、研修会を開催しました。岐阜県では26年ぶりに豚コレラ(豚熱)が発生したこともあり13名の出席者でした。次回2020年度は時期を考慮して開催する予定です。

三重県:2019年2月24日 加藤同窓会副会長、竹花学長を来賓に迎えて総会、研修会を開催しました。愛知県、岐阜県で豚コレラ(豚熱)が発生していることからいつも出席している畜産関係獣医師会員が欠席したため、出席者19名となりました。次回2020年度開催を予定しています。

石川県:2017年2月獣医学会が石川で開催され、それに併せて酪農学園獣医学科同窓会が開催されました。ここ数年総会、研修会開催していないので2020年度は開催を検討しています。若い会員が関心ある研修会としたいので研修会の補助金等の検討をお願いします。

福井県:ここ数年総会、研修会を開催していないため、2020年度は開催を検討します。

愛知県:毎年、同窓会総会、研修会と獣医同窓会総会、研修会を共同開催しています。①「酪農学園連合同窓会」から「酪農学園同窓会」に名称変更したので名実ともに早く一本化をお願いします。② 同窓会の案内通知等はメール等を利用し、経費節減して予算の有効利用をお願いします。

 その後、出席した各県支部長は愛知県支部総会・研修会、懇親会に出席して情報交換する等有意義な時間を過ごしました。(文責 村田耕一郎)

酪農学園同窓会(2020.02.27)|
掲載日:2020.02.26

令和元年度道央地区北空知支部総会報告

DSC_0182

 北空知支部の総会が2020年2月22日(土)午後、滝川ホテル「三浦華園」にて開催し、高齢化・人口減さらに新型コロナウイルスの蔓延で参加人員が7名(会員20名)、来賓が学園と同窓会の代表者2名の9名の参加で行われた。

 大学野英二副学長、同窓会本部・浦川利幸事務局長にお出でいただいての総会・懇親会であった。懇親会では、学園敷地内出生の野副学長の思い出話に花が咲くとともに、短大2コースの皆さんが寮生活での絆作りで今日があり感謝の一言で、このような経験があったからこそ今の自分があるとの言葉を発していた。

DSC_0176DSC_0179

DSC_0186DSC_0194

 総会では、学園に些少ではあるが、食生活改善に役立ててもらうようにとの趣旨で寄付を行うこと。そして学生と同窓生(農業経営者等)との交流会を企画してはどうかちの意見があり、取組までに時間を要するが、検討することとなった。

 水田が主作の当地区は、暖冬・小雪で灌漑用水の不足が心配され、今年の作柄が気にかかる昨今である。豊作であることを願いつつ。(文責 高谷)

酪農学園同窓会(2020.02.26)|
掲載日:2020.02.18

十勝足寄支部第42回「総会及び新年会」報告

全員で記念写真

 第42回目の酪農学園同窓会足寄支部の『総会及び新年会』の交流会を、例年通りの「丸三真鍋:まるさん食堂」で2月14日(金)に開催しました。

 今回も、全会員51名に往復ハガキで案内、当初12名の参加予定で進めていましたが、風邪の影響等で2名が欠席となり、最終的に昨年より少ない10名での開催となりました。

 総会では、星孝道会長の開会挨拶後、この一年の経過と収支決算が報告され承認、会員の移動状況等が事務局より報告されました。又、役員改選では欠員となっていた副会長に坂本秀文氏が選出され、他役員全員が留任となり承認されました。又、酪農学園「十勝支部9回総会」の報告も合わせてされました。

 返信された近況報告の中には、常連の最高齢の神本三也さんは、『今年84歳になりますが、運転免許証の返納は生活環境から出来ず夜の運転は控えておりますので残念乍ら欠席させて頂きます。皆さんのご健勝と盛会を祈念致します』又、若い後継者から『二人目の出産予定日で申し訳ないです』『今回都合があり参加できませんが、来年は家族で参加させて頂きます』等があり、例年のごとく年の差は会っても、参加会員が交流することが十分出来ました。『将来の後継者等の交流の場の同窓会として来年も例年通り開催しよう。』と参加者全員で確認しました。

懇親する会員二次会での交流

 交流会は、星会長の乾杯で開始、会員同志の近況状況や趣味等が報告され驚き和気あいあいと交流しました。最後の閉会挨拶は、阪本環副会長が一本〆(閉め)で交流会を閉め、全員で記念写真を撮って二次会へと移動しました。(報告;鈴木利邦事務局長・役員一同)

酪農学園同窓会(2020.02.18)|
掲載日:2020.02.17

第7回茨城県支部総会報告

IMG_1073

 令和2年2月2日、茨城県つくば市で茨城県支部同窓会が開催されました。

 石島常務理事をはじめ、小山同窓会会長、岡田関東甲信越地区同窓会会長、福山東京都支部長、廣間埼玉県支部長、唐仁原元千葉県支部長(鈴木千葉県支部長の代理として)が来賓としてご出席くださいました。

 総会後の講演会では、石島常務理事」より「酪農学園の近況について」と題しましてご講演いただきました。2018年9月の台風、地震による学内の被害状況、欧州獣医学教育機関協会(EAEVE)による国際認証の取得を目指していること、第二体育館が取り壊されて多目的体育施設がもうすぐ完成すること、酪農ジャーナルの電子版「酪農PLUS」がスタートしたこと、学群・学類・コースの紹介等、一同興味深く拝聴しました。

IMG_1070IMG_1076

 懇親会は、一期生である日浦様の乾杯で始まりました。また、根本茨城県支部会長が音頭を取り、時代劇・水戸黄門の主題歌「ああ人生に涙あり」に合わせて全員で輪になって踊りました。これは茨城県支部では毎年の恒例になりつつあります。大いに盛り上がり、あっという間の2時間でした。(文責:宮本美佳)

酪農学園同窓会(2020.02.17)|
掲載日:2020.02.13

九州地区熊本県支部総会報告

熊本県支部総会集合写真2019.9.7

 9月7日(土)、熊本市内の「和数奇屋司ホテル」を会場にして、平成30年度熊本県支部総会が開催されました。本学からは加藤清雄同窓会副会長、記念講演講師として日向貴久准教授をお招きしました。

 総会に先立ち、記念講演が「TPPの展望と今後の農業経営」と題して行われた。

 海外と比較した日本の酪農事情、WTO体制での国境措置と今回のTPP・EPAの内容、畜産物輸入の推移と今後の展開、経営管理の重要性等をスライドで紹介していただいた。最後に今回の関税引き下げは国内乳価形成の影響が大きいこと。アメリカの圧力が強いこと。経営の数値化により弱点の見直しが求められていること等を述べた。

 総会は竹本の司会で進行し、藤崎支部長の歓迎のご挨拶に続き、加藤副会長、日向准教授からご挨拶を頂戴した。

 議案では、議事1として平成30年度会計報告・会計監査報告が提案され、承認された。議事2として熊本県支部会則の改正に係る報告が提案され、承認された。

 総会終了後、同ホテル内で和気藹々の雰囲気の中で懇親会が開催された。(文責: 事務局長 竹本 智公)

酪農学園同窓会(2020.02.13)|
掲載日:2020.01.29

北海道第5地区十勝支部第9回総会報告

20200125酪農学園同窓会十勝支部総会集合写真

 1月25日(土)11時より同窓会北海道第5地区十勝支部第9回総会が若竹会館で開催された。出席者は29名。飯島 勝 支部長の開会挨拶につづいて、来賓の 小山 久一 同窓会会長と 竹花 一成 酪農学園大学学長からのご祝辞をいただいた。小山会長の挨拶の中では全国的に大地区での同窓会出席者が減少している反面、小地区での同窓会活動が活発になってきている傾向があることや、学園の同窓会を一本化する動きもあるが一筋縄では行かないという話があった。

 また竹花学長の挨拶ではとわの森三愛高等学校卒業生の2名がオリンピック代表に選ばれる可能性が高いことが紹介された。1人はバドミントンの 松本 麻佑 選手(ペアを組んでいる永原和可那選手は芽室町出身)で、もう一人はバレーボール男子日本代表の 山本 智大 選手。

 議事の一つであった十勝支部発足10周年記念事業として酪農学園視察を行う案は了承された。今のところ酪農学園で7月4日に開催されるホームカミングデーに合わせる予定だが、詳細は今後役員会で詰め、企画していく。

 総会前に行われた講演の講師は昨年に引続きお願いした帯広ライフサポート協会代表 佐藤 悦弘 氏。「防災の知恵 第2弾」と題し100均ショップで売られているグッズを会場に持ち込んで実習形式で行われた。合わせて説明していただいた心肺蘇生法やAEDの使用方法は非常に役に立つ内容であった。

 昼食会は、近 雅宜 後援会常務理事の乾杯の発声ではじまり、限られた時間ではあったが参加者は親睦を深めていた。最後は 畠野 健一 副支部長の閉会挨拶で解散となった。

(文責 藤原 崇)

酪農学園同窓会(2020.01.29)|
掲載日:2020.01.14

東京都支部 生涯学習講座・文化講座開催報告

東京都支部生涯学習講座
日時:2019年10月26日(土) 13:00~15:00
場所:酪農学園東京オフイス
演題:「AI農業の概説とGISの取組み」
講師:酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類
環境GIS研究室 教授 金子正美様
参加者:17名

IMG_0171IMG_0183
内容:法規制の緩和により、企業の農業参入が相次ぎ、それに伴い18歳人口の農業に対する興味が増し、大学の農学部設置が新聞を賑わしています。
 農業の持つ、経済・経営・マーケテイング・生産・商品開発・販売等の一貫性ある学問体系に、再び興味が注がれている現況にあります。
 新聞紙上においては、AI農業(Agri-Infoscience)「農業情報科学」熟練農家の優れた
 農業技術やノウハウを情報通信技術(ict)を活用して「見える化」し、農業従事者や新規参入者などに継承しやすくする農業に目が向けられています。
この分野での国内で第一人者であります金子教授に講義を頂きました。
 教授はこの分野以外にも、防災科研のクライシスレスポンスサイトの運営にも、主体的な活動をされており、国内は基より広く東南アジアでの活動行われております。
 参加同窓生の中に、ベトナムで農業の起業家に取り組んでいる方もおり、大変参考となる講演会でした。同窓会の在りかたを考える機会でもありました。

2.東京都支部文化講座
IMG_0220日時:2019年11月20日(水)15:00~18:00
場所:絵画鑑賞 第55回都展 東京都美術館
イタリア食文化を堪能する会 サイゼリア上野広小路店
参加者:13名

内容:2019都展(55周年記念)が東京都美術館で11月19日から11月24日の間開催されました。
IMG_0190 東京都支部顧問で有られます野田修平画伯(短大6期、雪印乳業九州生産部長、いばらく乳業社長を歴任)が昨年(昨年の作品は参議院議長賞を受賞)に引続き出展されましたことから、作品の出来栄えを野田画伯の説明を頂きながら鑑賞させていただきました。
 鑑賞後は場所を移し、イタリア料理とワイン頂きながら、参加者それぞれが作品から受けた個々人の思いを語らせていただきながら、楽しいひと時を過ごさせていただきました。来年はどの様な作品が出来上がるか興味津々です。

酪農学園同窓会(2020.01.14)|
掲載日:2020.01.06

東北地区青森県支部総会報告

同窓会集合写真1

 令和元年11月23日(土)、青森市の「棟方志功ゆかりの宿 浅虫温泉 椿館」で青森県支部同窓会総会・懇親会を開催しました。来賓として同窓会本部より小山久一会長、本学より野英二副学長にご出席いただきました。

 総会は同窓生24名が出席し、杉山篤弥支部長並びに本学同窓会長の挨拶に続き、副学長から学園の現況報告が行われました。さらに議題では当支部における今後の運営方針について話し合いが行われ、その中で会員同士の懇親をより活性化することを目的として、引き続き2年毎の本会の開催と定期的な交流会の開催を確認しました。

酪農讃歌3 懇親会は、附田彰二先輩の音頭で乾杯し、学生時代の懐かしい話や参加者の近況など話が尽きることがなく大いに盛り上がりました。一次会の終了の際には、参加者全員で肩を組みながら恒例の「酪農讃歌」を歌い、再会を約束しお開きとなりました。また、二次会においても夜遅くまで懇親を深めたところでした。

 最後になりますが、遠路ご出席いただきました小山同窓会長並びに野副学長に心より感謝申し上げます。(文責 事務局 林健太郎)

酪農学園同窓会(2020.01.06)|
掲載日:2019.12.02

中国地区島根県支部総会報告

集合写真1

 11月17日(日)出雲市の出雲ロイヤルホテルにおいて令和元年度島根県支部総会が10名の支部会員の参加により開催されました。

 来賓として本学より野副学長、同窓会本部より加藤清雄副会長にご出席いただきました。

 総会では加藤清雄同窓会本部副会長の挨拶、野副学長の近況報告に続き、前年度決算報告、今年度予算、役員改選について審議されすべて承認されました。

加藤副会長 (800x600)野副学長 (640x480)

勝部支部長 (513x640) 役員改選では勝部忠支部長(短大酪農1958年卒)のご勇退により、山本勉副支部長(大学農経1972年卒)が支部長に就任され、内藤克志理事(獣医修士1983年卒)が副支部長に、佐藤昌治氏(獣医修士1984年卒)と若月康介氏(大学酪農1989年卒)が理事にそれぞれ就任されました。

 懇親会は、高蓋中国地区会長の乾杯の音頭で開会され、思い出話に花が咲き、終始賑やかで楽しいひと時を過ごさせていただき、あっという間に時間が過ぎ去っていき、古志野副支部長の中締めにより閉会となりました。

 お忙しい中ご臨席いただきました野副学長、加藤同窓会本部副会長、また会員の皆様に心より感謝申し上げます。(文責 事務局長 久保田 英治)

酪農学園同窓会(2019.12.02)|

このページのTOPへ戻る