酪農学園同窓会 > OB会新着情報 > 教員等OB会

Topics

教員等OB会一覧

掲載日:2020.01.10

酪農学園緑風会第15回総会・新春懇談会報告

DSC_0257

 毎年、新年の恒例行事となっている「緑風会」第15回総会・懇談会が、1月8日(水)午後5時半から、地下鉄豊水すすきの駅そばの「札幌第一ホテル」を会場に、同窓生教員 49名、学園関係者11名の総勢60名で盛会に行われた。総会には緑風会近畿地区会長の河野雅晴氏や教員採用試験に合格した4年生3名にも出席していただいた。

DSC_0188DSC_0180DSC_0182

 総会は岸田隆志副会長の司会進行で行われた。二木浩志会長の開会挨拶に続き、会長を議長に議事が進行した。総会次第により2019年度事業報告・会計報告・監査報告が事務局や監査から行われ、拍手で承認された。2020年度役員(案)については4月の人事異動後に再提案することが承認された。事業計画については原案どおり承認されたが、オリンピック・パラリンピックの開催混雑のため、中央研修会を中止して地区支部研修会を開催することとした。第16回総会・懇親会は2021年1月6日に開催することになった。

DSC_0198DSC_0202DSC_0210

 引き続き開催された懇談会は、田村弘樹副会長の司会進行により、改めて二木会長より新年の挨拶が行われた。来賓挨拶では谷山理事長が学園状況を含めた挨拶が行われた。続いて竹花学長から大学の現況が紹介、翁長入試広報センター長から学生募集に係る謝意が述べられた。

 学園関係者の来賓紹介ののち、小山久一同窓会長が干支に関する話題を紹介し乾杯が行われた。年に1度の懇談の場で和気藹々とした雰囲気の中で和やかな懇談が行われた。

DSC_0221DSC_0226DSC_0251

 中ほどで河野近畿地区会長の挨拶や新任教員紹介、教員採用試験に合格した学生の紹介も行われ、最後に横山明光参与の万歳で締め、集合写真撮影ののちに閉会となった。

酪農学園同窓会(2020.01.10)|
掲載日:2019.12.25

第12回酪農学園近畿地区緑風会役員会報告

 令和元年12月8日(日)、大阪幸福相互ビル会議室を会場に第12回酪農学園近畿地区緑風会役員会が開催されました。司会は吉田文三氏。河野雅晴近畿地区緑風会会長から 今日は第6回総会・懇親会の反省に基づき次回の総会・懇親会について、忌憚のないご意見をお願いします。との開会挨拶が行われた。

 協議事項は以下のとおり。

 第6回総会・懇親会の反省について、参加者が減っているので次回は増えるよう内容を検討すると共に入試アドバイザーや役員による声掛けを行なうこととした。

 次年度の第7回総会について、期日は令和2年7月5日(日)10:30~14:50

会場は本年同様に聖護院御殿荘となった。(京都市左京区聖護院中町15 TEL075-771-4145s44卒 獣医 向井 裕 (元副支配人)会費…5,000円)

① 内容

平成30年度 大学より 講師…獣医保健看護学類准教授 椿下早絵
~獣医保健看護学類における義足等のリハビリを含めた学習内容の紹介~

高校の情報提供
兵庫における学校間連携の紹介 (兵庫:農業…小原)
農業クラブプロジェクトにおける企業との連携について(京都:桂…佐藤)

令和元年度  大学より 講師…教職センター 農業科教育研究室 飛谷 淳一 准教授
~教職コース紹介と緑風会の近況~

高校の情報提供
畜産教育の紹介と課題 田中 怜(大阪府立農芸高校)
食品製造教育の紹介と課題 澤竹孝幸(近畿地区緑風会副会長)

令和2年度   大学より…近畿農業高校の受験者数・推薦の種類と合否状況、国際交流状況
高校においてSDGsの農業分野で取組める内容の可能性について
高校の情報提供…高校で取組んでいる国際交流の現状(兵庫)

② 令和2年度役員の選任について…再任

会 長 河野雅晴(兵庫)
副会長(1名) 澤竹孝幸(和歌山)
監 事(1名) 吉田文三(大阪)
理 事(若干名)岩田 薫(兵庫支部長)、佐藤庸平(京都)、村上修士(京都)、青木 清(滋賀支部長)、澤竹孝幸(副会長と兼務)、浦 展諭(大阪)、明道智秀(大阪)

事務局員(1名)小原 靖(兵庫)

(2) 会計途中報告(別紙)

次回役員会 令和2年4月19日(日)

 最後に近畿地区緑風会監事 吉田文三氏から前向きな意見をいただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。との閉会挨拶が行われた。

酪農学園同窓会(2019.12.25)|
掲載日:2019.10.30

酪農学園「緑風会」&同窓会山形県支部交流会開催報告

image001

 本交流会は、日本学校農業クラブ全国大会南東北大会にあわせて、10月23日(水)19:00から山形市の「宝来寿司」を会場に、本学から7名、緑風会から6名、山形県支部から8名の合計21名の出席者により開催されました。

 同窓会山形県支部 小形芳美支部会長の開会挨拶をはじめ、酪農学園大学 竹花一成学長のお祝いの言葉があり、附属とわの森三愛高等学校 西田丈夫校長の乾杯からはじまり、参加者全員の近況報告が行なわれ、2時間の交流会もあっという間に終了しました。

 最後は「酪農讃歌」を全員で合唱し、最後は酪農学園「緑風会」 二木浩志会長のご発声による一本締めで閉会となりました。(文責 事務局長 飛谷淳一)

酪農学園同窓会(2019.10.30)|
掲載日:2019.10.30

宮城県支部獣医学科同窓会・緑風会宮城県支部合同同窓会報告

集合写真2019.10.26

 令和元年10月26日宮城県秋保温泉「ホテル きよ水」にて、宮城県支部獣医学科同窓会・緑風会宮城県支部合同同窓会の研修会を開催しました。

 本学より、谷山弘行理事長をお招きし、「本学の最近の情勢と同窓生の卒業後進路等について」ご講演いただきました。

 宮城県内は、台風19号の被害が大きく研修会参加者にも少なからず影響しておりましたが、久しぶりにお会いできた谷山先生と有意義な時間を過ごすことができました。

酪農学園同窓会(2019.10.30)|
掲載日:2019.09.10

令和元年度緑風会・伊達な酪農OB会開催報告

DSC_0052

 令和元年9月7日(土)宮城県仙台市:ガーデンパレスホテル仙台を会場に令和元年度緑風会・伊達な酪農OB会が午後17:00から行われ、14名のOBにご参加いただきました。

 今年度は、酪農学園大学学校説明会が午後14:00から行われたのに合わせて緑風会の総会の開催になりました。

DSC_0041DSC_0045 (2)DSC_0050

 総会には、酪農学園同窓会事務局から浦川さんがご参加いただき、匹田哲弥会長の挨拶で始まり、平成30年度事業報告・会計報告、令和元年度事業計画案・会計予算案が承認されました。また、酪農学園大学宮城県支部同窓会の合同開催について報告がありました。

DSC_0053DSC_0066DSC_0067

  懇親会は、小室恒副会長の乾杯の発声で始まり、各自の近況報告や学生時代の思い出を語るなど大いに盛り上がりました。最後には全員で酪農賛歌を斉唱し、小室副会長の応援エールで終わりました。有意義な総会・懇親会になった事を報告いたします。(宮城県農業高校 山家佳己)

酪農学園同窓会(2019.09.10)|
掲載日:2019.08.06

2019年度酪農学園「緑風会」中央研修会並びに懇談会報告

DSC_0086

 猛暑が続く8月3日(土)午後1時半から、「本学C1講義棟202番教室」において、標記の研修会が開催され、会員および学園関係者22名が参加しました。

 飛谷淳一事務局長の司会進行で進められ、二木浩志会長のご挨拶で開会式が開始されました。その後、学園からの歓迎のご挨拶を野英二副学長が行いました。

DSC_0002DSC_0004DSC_0015

 次に新入会員も多いため、「緑風会」の成り立ちについて、岸田隆志当別高校長から資料により経過報告等をご説明いただきました。

 続いて「本学入学試験の近況と2021年度入試改革の概要」と題して、入試広報センター翁長武紀部長から約40分、本年度入試概要と2021年度以降の入試制度について、スライドにより丁寧にご説明いただきました。

DSC_0023DSC_0024DSC_0026

DSC_0032DSC_0027DSC_0031

 2時半から教育実践発表「農業教育の実践‐農業クラブ指導事例について」を岩見沢農業高校石田康幸教諭が農業クラブ全国大会指導事例や現在の取り組みをスライドによりわかりやすくご説明いただいた。特に前任校(美幌高校)での「ハッカの香るまちづくり」で地域の歴史や文化も含めた取り組みは大変興味深く拝聴しました。

 IT牛舎に移動ののち、実践指導としてFEDREC 鈴木孝道嘱託技師の「削蹄」が行われ、実際に保定枠場に保定された乳牛の削蹄を行いながら削蹄方法をご説明していただいた。

DSC_0048DSC_0043DSC_0053

 続いて飛谷淳一准教授の農業科教育研究室の教材研究の予定でしたが、時間に都合で割愛することとなりました。

  懇親会は会場を「新さっぽろアークシティーホテルに移して行われた。二木会長のご挨拶に続き、竹花一成学長から大学概況を含めたご挨拶を頂戴した。乾杯のご発声を7月に就任した石島力常務理事からご挨拶を兼ねて頂戴し、会食に入りました。

DSC_0062DSC_0069DSC_0076

DSC_0078DSC_0083DSC_0085

 懇親会は和気藹々の中で進行し、最後は小野武二三理事の乾杯で中締めとなり、集合写真撮影ののちにお開きとなりました。

酪農学園同窓会(2019.08.06)|
掲載日:2019.07.03

酪農学園近畿地区緑風会第6回総会・懇親会開催報告

DSCN3621

 令和元年6月30日(日)、京都市内の聖護院御殿荘を会場にして第6回総会・懇親会が開催された。まず10時半から大学説明、高校の情報提供、総会。12時40分から懇親会が行われた。

 出席者は17名。大学からは竹花一成学長、西田丈夫附属とわの森三愛高校校長、飛谷淳一教職センター准教授、同窓会から加藤清雄副会長、山本浩光近畿地区長が出席された。

 講演では本学教職センター農業科教育研究室准教授 飛谷淳一准教授が「教職コースの新しい取組・学習内容の紹介」と題して、教職コースの特色ある学習内容、ビニルハウス・土壌改良等による野菜の周年栽培技術の研究、収穫した農産物の販売、GAP(農業生産工程管理)導入へのチャレンジ等について、グラフや写真を活用したパワーポイントで分かり易く説明された。

DSCN3611DSCN3613

 高校の情報提供では、大阪府立農芸高校 田中怜教諭が「(1)畜産教育の紹介と課題」と題し、大阪府立農芸高校の畜産教育と生徒の成長、大阪府農政との連携による飼育技術の研究等について説明された。

 次に「(2)食品製造教育の紹介と課題」と題し、近畿地区緑風会副会長 澤竹孝幸氏が和歌山県立南部高校「食と農園科」における梅の生産から加工、販売までの食品製造教育の歴史と現状についてユーモアたっぷりに説明された。

 引き続き行われた総会では、平成30年度事業・会計報告、監査報告。令和元年役員の承認。令和元年・2年度事業計画の審議。その他:入試状況と学生募集の依頼が行われた。また、次年度は令和2年度総会決定:7月5日(日)に今回同様に聖護院御殿荘(京都)で開催されることとなった。

DSCN3618DSCN3627

 記念撮影に引続き、同会場で懇親会が開催された。河野会長の開会の挨拶、竹花学長、加藤副会長の祝辞に続き、山本地区長の乾杯の発声で懇親会が開始され、終始和やかな雰囲気で大変盛り上がった。

DSCN3630DSCN3632DSCN3634

 全員がスピーチ!!出席者の大学時代の思い出話、大学や緑風会への思い、近況等がユーモラスに話された。最後は酪農讃歌を熱唱、澤竹副会長の一本締めでお開きとなった。

DSCN3642DSCN3640

酪農学園同窓会(2019.07.03)|
掲載日:2019.06.12

酪農学園近畿地区緑風会第6回総会・懇親会について(ご案内)

平成31年6月

酪農学園近畿地区緑風会
会 員 各 位

酪農学園近畿地区緑風会
会 長 河 野 雅 晴

酪農学園近畿地区緑風会第6回総会・懇親会について(ご案内)

初夏の候、貴職にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

また、平素より酪農学園近畿地区緑風会の同窓会活動に格別のご支援を賜り厚くお礼申しあげます。さて、この度、近畿地区緑風会では下記の日程で総会及び懇親会を開催することとなりました。

つきましては、ご多用のことと存じますが出席いただきますようご案内申し上げます。

1 日時 令和元年6月30日(日) (受付10:00~)

10:30~12:30 大学説明、高校情報提供、総会
12:30~14:50 懇親 会

2 会場 「聖護院 御殿荘」 京都市左京区聖護院中町15
☎075-771-4145

アクセス
・市バス熊野バス停より201番・31番で四条川原町下車、徒歩3分
・京阪神宮丸太町より三条、又は四条下車、徒歩5分
・タクシー:JR京都駅より20分

3 会費 5,000円

4 内容

(1) 大学の説明(教職コースの紹介と緑風会の近況)
(2) 高校の情報提供(畜産教育の紹介と課題:大阪、食品製造教育の紹介と課題:和歌山)
(3) 総会

① 役員の承認
② 平成30年度事業報告並びに会計報告
③ 令和元年度・2年度事業計画
④ その他(学生募集の依頼等)

(4) 集合写真撮影

(5) 懇親会

お問い合わせ先
近畿地区緑風会会長 河野 雅晴
携 帯 090-6238-4392
メール : kouno-m@galaxy.ocn.ne.jp

酪農学園同窓会(2019.06.12)|
掲載日:2019.01.16

酪農学園「緑風会」総会・懇親会開催報告

DSC_0140

 年明けの恒例行事となっている「緑風会」第14回総会・懇親会が、1月9日(水)午後5時半から、地下鉄豊水すすきの駅そばの「札幌第一ホテル」を会場に、同窓生教員60名に学園関係者18名を加えた78名で盛会に行われた。総会には緑風会近畿地区会長の河野雅晴氏や新任教員3名、教員採用試験に合格した4年生5名にも出席していただいた。

DSC_0007DSC_0008DSC_0011

 総会は二木浩志副会長の司会進行で行われた。畠山佳幸会長の開会挨拶に続き、会長を議長に議事が進行した。総会次第により2018年度事業報告・会計報告・監査報告が事務局や監査から行われ、拍手で承認された。2019年度役員(案)については4月の人事異動後に再提案することが承認された。事業計画については原案どおり承認され、中央研修会が8月3日、第15回総会・懇親会が2020年1月8日に開催されることになった。

DSC_0023DSC_0028DSC_0040

 引き続き開催された懇親会は、岸田隆志副会長の司会進行により、改めて畠山会長より新年の挨拶が行われた。来賓挨拶では谷山理事長が高大連携強化を含めた挨拶が行われた。続いて竹花学長から大学の現況が紹介、翁長入試広報センター長から学生募集に係る謝意が述べられた。

DSC_0049DSC_0050DSC_0062

 学園関係者の来賓紹介ののち、小山久一同窓会長が干支に関する話題を紹介し乾杯が行われた。年に1度の懇談の場で和気藹々とした雰囲気の中で和やかな懇談が行われた。

DSC_0070DSC_0081DSC_0090

 中ほどで河野近畿地区会長の挨拶や新任教員紹介、教員採用試験に合格した学生の紹介も行われ、最後に長谷川豊参与の一本締め、集合写真撮影ののちに閉会となった。

DSC_0110DSC_0120DSC_0135

酪農学園同窓会(2019.01.16)|
掲載日:2018.12.25

同窓生著書紹介:合歓の花

DSC_0001

書名:合歓の花

著者:北畑光男氏(埼玉県 酪農学科7期 1969年度卆)

91p ; 21cm 株式会社思潮社 2018.11

DSC_0002DSC_0006DSC_0003

 前の詩集「北の蜻蛉」を刊行したのが2011(平成23)年11月。それ以降の作品を収録しました。この7年間の間に、見たり、体験したり、考えたりしたことを小生なりに詩作品にしてみました。

 読み直してみると、今まで以上に、他者の存在を意識して書いてきたような傾向があるように感じられます。巡り巡って、他者は自分の問題でもあります。

 詩集を作るにあたり、編集部の久保希梨子様、装幀を担当していただいた和泉紗理様、小田康之様には大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。 ~あとがき~

DSC_0010DSC_0011DSC_0013

酪農学園同窓会(2018.12.25)|

このページのTOPへ戻る