酪農学園同窓会 > 全件表示 > 酪農学園思い出紀行 NO.6

Topics

掲載日:2011.12.13

酪農学園思い出紀行 NO.6


1950(昭和25)年 三愛塾の開講
 樋浦学長主導の下に、大学の農村への開放が始まり、その教育活動の一環として、1951(昭和25)年8月から、夏、冬の休暇時を利用して三愛塾を開き、三愛精神による新しい村づくり運動を展開しました。
 この塾では男女、年齢を問わず、新農村の建設に熱意のある者が入塾し、期間は2週間で、講師には短大の教師や牧師、農村の指導者が当たりました。
 後に、三愛塾参加者による友の会が組織され、全国的にその輪が広がり支部もでき、1964(昭和39)年の樋浦学長の退任までつづけられました

酪農学園同窓会(2011.12.13)

このページのTOPへ戻る