株式会社山中牧場(北海道)
起業家

山中 純孝
酪農学園大学 酪農学科 1969年卒

株式会社山中牧場

山中牧場は札幌市の南西へ30㌔、後志管内赤井川村落合の国道393号線沿いにあります。赤井川村は、2005年(平成17年)「日本で最も美しい村連合」に上川管内美瑛町などと並んでいち早く加盟しました。牧場のあるのは、その「美しい村」の北西部、余市岳を頂く山あいの一角です。

創業者の山中純孝がこの地で酪農を始めたのは、高度経済成長に突き進む1970年(昭和45年)のことです。江別市にある酪農学園大を卒業して間もなく、自然が豊かでなおかつ都会に比較的近いことから、ここを選びました。

赤井川村は大きな石がごろごろ埋まるカルデラ盆地のマチです。ここを牛がのんびりとくつろぐ牧野に変えてゆくのは、並大抵のことではありませんでした。乳牛数頭からはじめ次第に数を増やしていきましたが、行政や農協系統が呼び掛ける「北海道は日本の食糧基地。多頭化し大規模経営を目指そう」との掛け声に、いつしか疑念を持つようになりました。

「大規模化することで、本当に安全・安心で、おいしい牛乳を作れるのだろうか」――。悩んだ末に「1頭、1頭、牛の健康状態が分かるような牛飼いをやろう。山中牧場ならではのおいしい牛乳を搾って、消費者の元に届けよう」――。これが牧場の原点となりました。その後法人化しましたが、「企業より家業としての牛乳づくり」が変わらぬ信念となっています。(HPより転載)

事業概要
牛乳、アイスクリーム、チーズ、黒豚製品、牧場経営
関連リンク

ギャラリー

株式会社山中牧場
株式会社山中牧場
株式会社山中牧場
株式会社山中牧場
株式会社山中牧場
株式会社山中牧場