酪農学園同窓会 > イベント

Topics

イベント一覧

掲載日:2019.07.16

全国大会出場のご案内(応援のご依頼)

2019年7月16日

酪農学園同窓生 各位

とわの森三愛高等学校同窓会
会 長 浅 野 政 輝

全国大会出場のご案内(応援のご依頼)

 拝啓 盛夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り心より感謝申し上げます。

 さて、私どもの母校である、酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校は、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の札幌支部予選大会および全道予選大会において、4つの体育系クラブがこの夏に行われる全国大会への出場権を獲得することができ、現在練習に励んでおります。

 つきましては、開催(会場)県の同窓会の皆様にも、是非とも会場へ足をお運びいただき現役生徒の勇姿にご声援を賜ればと存じます。本同窓会からまとまった応援者を派遣できれば良いのですが、遠方につきなかなか叶わず、開催地区の同窓生の皆様へご依頼をさせていただいた次第です。地元の皆様の応援は、生徒たちの大きな力になると思います。お忙しいなか、急なご案内で恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

・バドミントン部 (7月31日~8月5日)

熊本県八代市 八代白百合学園高等学校 体育館

熊本県芦北町 芦北町民総合センター

・体 操 競 技 部 (7月30日~8月2日)

鹿児島県鹿児島市 鹿児島アリーナ

・男子ソフトテニス部(7月25日~7月28日)

宮崎県宮崎市 宮崎市生目の杜運動公園 テニスコート

・女子ソフトテニス部(7月29日~8月1日)

宮崎県宮崎市 宮崎市生目の杜運動公園 テニスコート

酪農学園同窓会(2019.07.16)|
掲載日:2019.07.10

2019年度ホームカミングデー開催報告

DSC_0050

 白樺祭(大学祭)との同時開催として2回目を迎えた本年度のホームカミングデーが6日(土)12時半から黒澤記念講堂を会場に開催され、70名の同窓生・学園関係者にご出席いただきました。あいにくメインゲストの上演時間と重なり学生の参加が少なかったようでした。

DSC_0014DSC_0021DSC_0022

 当日は、12時半から小山久一同窓会長の開会挨拶に続き、記念礼拝(物故者追悼を含む)が朴美愛学園宗教主事の司式で行われました。同窓生には懐かしい讃美歌312番を合唱のあとし、聖書の朗読後、昨年のホームカミングデー以後にご逝去された同窓生、旧職員一人一人のご芳名を司会の加藤清雄校友会事務局長が読み上げました。その後、朴美愛主教主事からご自身のことや同窓生の追悼の意味もこめて「帰郷」のテーマで説教奨励をいただきました。最後に酪農讃歌を全員で合唱して記念礼拝を終了しました。

DSC_0026DSC_0032DSC_0035

 続いて行われた記念講演に先立ち、酪農学園を代表して谷山弘行理事長からご挨拶があり学園状況や講師への謝意が述べられました。記念講演は、引き続き加藤校友会事務局長の司会で進行し、まず、同窓生代表からは草野竹史氏(大学経営環境学科1期生)を講師としてお迎えして、「若者による持続可能な地域づくりへの挑戦」と題してご講演いただきました。

DSC_0065DSC_0075DSC_0078

 草野さんからはスライドや配布資料により、自己紹介を交えてNPO法人ezorock代表として今日までの経過説明や若者を取り込んださまざまな取り組みを紹介していただきました。NPO法人設立のきっかけは「ライジングサン・ロックフェスティバル」のごみ拾いからだったことも紹介されました。札幌圏に集中している若者を道内各地に送り、地元と連携して地域課題に取り組み、災害が起きれば被災地支援に集中するという素晴らしい内容のご講演でした。

DSC_0088DSC_0090DSC_0097

 続いて本学環境共生学類教授で社会連携センター長の金子正美教授から「健土健民とSDGs(持続可能な開発目標)」と題してのご講演をいただきました。金子先生からはスライドによりSDGsについて分かりやすくご説明いただき、「パームやし」の栽培を例に私達の生活により途上国の森林破壊が進みオランウータンの生息地が奪われていることの関連性も紹介されました。後段では本学の建学の精神、特に循環農法図と持続可能社会の共通点についてご紹介いただきました。校歌とも言うべく「酪農讃歌」の歌詞が「SDGs」に当てはまることも解説され、本学の果たすべき役割や方向性に示唆を与えていただきました。

 両者のご講演後、20分程度の対談が行われ、若者のボランティア活動における現場でおきる諸問題等での意見交換、質疑応答後、加藤校友会事務局長の閉会挨拶により記念講演を終了しました(講演内容の詳細は後日、同窓会HPで動画配信の予定です)。

酪農学園同窓会(2019.07.10)|
掲載日:2019.07.04

千葉県支部総会・懇親会の開催報告

千葉県支部集合写真2019

 令和元年度の千葉県支部総会が、6月29日(土)午後2時から「ホテルプラザ菜の花」で開催しました。当日は雨模様でしたが、酪農学園同窓会から小山会長、本学から野副学長、関東甲信越から岡田会長、東京都支部から福山支部長、埼玉県支部から横塚様にお越しいただき、計26名の参加を得て盛会に開催することができました。

 総会は、山田事務局長の進行で、議事は平成30年度事業実績並びに収支決算、令和元年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について審議し、全会一致で承認されました。その後、来賓として小山会長、野副学長、岡田会長からご挨拶をいただくとともに、恒例の支部講演会では、野副学長から、高等学校、学園の歴史と近況について詳細な報告をいただきました。

 例年、参加される方はだいたい同じような顔ぶれでしたが、今年の総会には新しく5名の方の参加があり、少し同窓会の輪が広がった感がありました。これを機に、次回はさらに多くの卒業生が参加されることが期待されます。

IMG_0772IMG_0778

 総会終了後の懇親会は、会場を千葉駅近くに移し、夜景を楽しみながらの歓談、参加者全員からの近況報告、記念写真を撮り、最後に「酪農讃歌」を合唱し、閉会となりました。(文責 千葉県支部長)

酪農学園同窓会(2019.07.04)|
掲載日:2019.06.19

東京都支部文化講座開催報告

SKM_C28719061913190

 東京都支部、初夏の文化講座が先般開催されましたのでご連絡致します。

 東京都支部副支部長田中可子さん(三愛女子8期)は、町田市を中心とするマンドリンクラブ「すずらんクラブ」でマンドリンの研鑽に励まれ、毎年、ファミリーコンサートを開催し、その中心的なメンバーとして活躍されています。

 本年は、第35回の記念すべきコンサートでもあり、また、永年「すずらんクラブ」を指導いただいた仁和徳彦の追悼コンサートとして、5月10日、相模女子大学グリーンホールで盛大に開催されました。

SKM_C28719061913070SKM_C28719061913090

 東京都支部としましては、支部の文化講座として会員に案内いたしましたが、平日の18時からの時間帯のこともあり、野田顧問、須田顧問、西井副支部長、佐藤事務局次長の参加となりました。埼玉県支部から後藤顧問,横塚副支部長、平井監事にご出席頂きました。感謝に堪えません。

 田中可子さんは、毎年開催されます関東甲信越地区高校合同同窓会の折、マンドリン演奏で「野幌機農学校校歌」「三愛女子高等学校校歌」「とわの森三愛高等学校校歌」「讃美歌312番」を伴奏頂いています。

 同窓生は、野幌機農学校校歌の一節にあります「緑綾なす 原始林」には、懐かしさと郷愁を覚え、目頭が熱くなる場面を、田中可子さんに演出して頂いております。

 今後ともお元気でマンドリンの研鑽に励まれる事をご祈念申し上げます。 (東京都支部長 福山 二仁)

酪農学園同窓会(2019.06.19)|
掲載日:2019.06.13

第28回ホームカミングデーのご案内

2019年度ホームカミングデーを以下のとおり開催いたします。
第28回ホームカミングデーは、白樺祭(大学祭)に併せて記念礼拝(物故者追悼)、記念講演会を開催します。同窓生はお仲間お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。

日 時 : 2019年7月6日(土)12時30分(受付開始30分前) 

会   場 :  黒澤記念講堂

内 容  : 記念礼拝・記念講演

記念礼拝 : 司式(12時30分~)

記念講演 : (13時10分~14時50分)

_kusano第1部: (13時20分~14時00分)
テーマ : 「若者による持続可能な地域づくりへの挑戦」
講 師 : 草野 竹史氏(酪農学園大学環境システム学部経営環境学科第1期)
在学中、北海道最大級の野外音楽フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」のごみの問題を解決することから活動を開始。その後、若者と地域課題を切り口に、都市交通、子ども自然体験、エネルギー、災害支援など多岐に展開し、これまでに延べ2万人を超える若者が参加している。北海道内各地のNPO、市町村、企業などと連携しながら、地域が抱える課題に対して、若者が自ら考え行動できる仕組みを構築し、次の世代につながる社会づくりを展開している。平成30年度内閣府「未来をつくる若者オブザイヤー」内閣総理大臣賞 受賞

_金子先生DSC05087第2部 : (14時00分~14時40分)
テーマ : 「健土健民とSDGs(持続可能な開発目標)」
講 師 : 金子 正美氏(酪農学園大学教授)

1980年3月 帯広畜産大学畜産環境学科 卒業
1985年8月 北海道大学大学院環境科学研究科環境保全学専攻博士後期課程単位取得修了
1985年4月 北海道生活環境部環境保全課 入庁
2013年4月 酪農学園大学環境システム学部 学部長(2014年3月まで)
2014年4月 酪農学園大学農食環境学群 教授(現職)
RCE 北海道道央圏代表(RCE: 持続可能な開発のための教育(ESD) に関する地域拠点)
北海道青年海外協力隊を育てる会会長、環境省環境パートナーシップオフィス運営委員会議長 他役職多数

なお、PDFでのご案内はこちらから⇒HCDポスター2019

お問合せ先 : 同窓会事務局(011-386-1196)(e-mail : rg-dosok@rakuno.ac.jp)

主催:学校法人酪農学園・後援会・貴農同志会・短期大学部同窓会・とわの森三愛高等学校同窓会・大学同窓会校友会・酪農学園同窓会

酪農学園同窓会(2019.06.13)|
掲載日:2019.06.12

酪農学園近畿地区緑風会第6回総会・懇親会について(ご案内)

平成31年6月

酪農学園近畿地区緑風会
会 員 各 位

酪農学園近畿地区緑風会
会 長 河 野 雅 晴

酪農学園近畿地区緑風会第6回総会・懇親会について(ご案内)

初夏の候、貴職にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

また、平素より酪農学園近畿地区緑風会の同窓会活動に格別のご支援を賜り厚くお礼申しあげます。さて、この度、近畿地区緑風会では下記の日程で総会及び懇親会を開催することとなりました。

つきましては、ご多用のことと存じますが出席いただきますようご案内申し上げます。

1 日時 令和元年6月30日(日) (受付10:00~)

10:30~12:30 大学説明、高校情報提供、総会
12:30~14:50 懇親 会

2 会場 「聖護院 御殿荘」 京都市左京区聖護院中町15
☎075-771-4145

アクセス
・市バス熊野バス停より201番・31番で四条川原町下車、徒歩3分
・京阪神宮丸太町より三条、又は四条下車、徒歩5分
・タクシー:JR京都駅より20分

3 会費 5,000円

4 内容

(1) 大学の説明(教職コースの紹介と緑風会の近況)
(2) 高校の情報提供(畜産教育の紹介と課題:大阪、食品製造教育の紹介と課題:和歌山)
(3) 総会

① 役員の承認
② 平成30年度事業報告並びに会計報告
③ 令和元年度・2年度事業計画
④ その他(学生募集の依頼等)

(4) 集合写真撮影

(5) 懇親会

お問い合わせ先
近畿地区緑風会会長 河野 雅晴
携 帯 090-6238-4392
メール : kouno-m@galaxy.ocn.ne.jp

酪農学園同窓会(2019.06.12)|
掲載日:2019.06.10

第14回東京都支部定期総会(終了)

2019年5月吉日

酪農学園同窓会関東甲信越地区
東 京 都 支 部 会 員 各位殿

酪農学園同窓会関東甲信越地区
東京都支部 支部長 福 山 二 仁

第14回東京都支部定期総会のご案内

 平素より、東京都支部の活動に際しましては、多大なるご支援とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この度、第14回東京都支部定期総会を、下記日程にて開催する運びとなりました。

 何かと、ご多用の事と存じますが、是非、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

 総会終了後、同窓生の生涯教育と致しまして、酪農学園大学農食環境学群長、堂地修教授に、「TPPに対応する酪農・畜産の先進的な繁殖管理」と題しまして、講演をお願いしております。是非、同窓生を御誘いの上、ご参加の程お願い申し上げます。

1.日 時: 2019年6月30日(日) 13時~17時

2.場 所: 酪農学園東京オフイス
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館11階
☎ 03-6269-9955 fax 03-6269-9944
E-mail : rg.doso.tokyo@gmail.com

3.スケジュール:
・ 第14回東京都支部定期総会
・ 生涯教育講座
・ 懇親会

4.会 費: 1人7,000円(年会費2.000円 懇親会費5,000円)
     当日、欠席される会員の方は、年会費2,000円を同封の振替用紙で6月末日迄にお振込み下さい。

5.ご出席のご連絡:同封のハガキにて、6月10日(月)迄にご連絡願います(欠席の場合は不要です)。

酪農学園同窓会(2019.06.10)|
掲載日:2019.06.04

新潟県支部第13回定期総会のご案内

令和元年 6月 吉日

酪農学園同窓生各位

酪農学園同窓会関東甲信越地区
新潟県支部長 北 原 良 一

酪農学園同窓会関東甲信越地区

新潟県支部第13回定期総会 開催ならびに同窓会年会費納入依頼のご案内

 初夏の候、日々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、みだしにつきまして下記の日程により定期総会開催のはこびとなりましたのでご参加いただきたくご案内申し上げます。なお、ご不明な点がございましたら、事務局髙橋宛、ご遠慮なくお問い合わせください。交流会のみまたは、研修会、交流会のみのご参加、または、総会のみご参加も歓迎いたします。総会終了後は同会場ビヤガーデンにて恒例の交流会を予定いたしております。お気軽においで下さい。

  年会費納入につきまして、払い込み票を同封いたしましたので、総会をご欠席の際は本払込票にてご納入のほど宜しく御願い申し上げます。

1.日 時 :令和元年 7月27日(土)16時00分~

2.場 所 :新潟東映ホテル 新潟市中央区弁天2-1-6

℡025-244-7101 FAX025-241-8485

 ※JR新潟駅万代口より駅正面大通り左側歩道を直進し、信号2つ目を左折し、次の信号を過ぎた右側

3.会議名 :酪農学園同窓会関東甲信越地区新潟県支部令和元年第13回定期総会

議題 1)平成30年度活動報告並びに会計報告
2)平成31年度・令和元年度度活動計画並びに会計予算の件
3)役員改選の件

4.研 修 :演題 狩猟免許について(16時50分~)
講師 酪農学園大学農食環境学群 環境共生学類准教授
狩猟管理学研究室 伊吾田 宏正 氏

5.交流会 : 18時45分~20時25分(100分)
於 総会会場ビヤガーデン(雨天屋内会場)

※ 交 流 会 費:4,000円
同窓会年会費:2,000円(別途払い込み票も可)

 なお、お手数ですが7月14日までに出欠を同封のはがきにてご一報下さいますようお願い申し上げます。(はがきの支部名欄に新潟県支部とご記入ください)直接葉書が学園同窓会本部に送付され集約されます。

連絡先:〒940-2106 新潟県長岡市古正寺2丁目244番地
酪農学園同窓会関東甲信越地区新潟県支部事務局 髙橋善親
携帯090-7700-8553・携帯メールsaj.221@docomo.ne.jp
E-mail : yoshichika.takahashi86@gmail.com

以上

酪農学園同窓会(2019.06.04)|
掲載日:2019.05.31

2019年度酪農学園同窓会理事会・代議員会報告

DSC_0024

 新緑の季節を迎えた25日(土)午後4時から新札幌の「新さっぽろアークシティホテル」アークホールを会場に2019年度の理事会・代議員会が開催されました。

 南は鹿児島から北は宗谷までの地区支部役員と単位同窓会役員総勢55名の出席により開催された。また総会後の懇親会には来賓として谷山弘行理事長、近雅宜常務理事、竹花一成大学長、西田丈夫高校長、永田享後援会常務理事にご出席いただいた。

会議に先立ち、前年度にご逝去された同窓生、特に6月に逝去された森田正治代議員や平尾和義前理事長等恩師への黙祷が行なわれた。

DSC_0006DSC_0008DSC_0010

 理事会・代議員会の成立要件の確認後、議長に南繁氏、議事録署名人に志田和仁理事、加藤浩代議員を選任した。南議長の進行により議事が進められた。

 報告事項では1)2018年度事業報告並びに収支決算について。事務局から事業報告、決算報告ののち、伊藤明美監事から監査報告をいただいた。

DSC_0012DSC_0014DSC_0019

 2)各単位同窓会・地区支部活動報告については各地区会長・支部長や単位同窓会長等からそれぞれの地区や単位同窓会の活動内容が報告された。

 審議事項では1)2019年度事業計画と2)酪農学園との協定締結等について(案)

説明ののち、収支予算案が提案され、拍手で承認された。今年度から4つの業務委託契約を学園と結ぶこととなった。

 3)任期満了に伴う代議員改選案が提案され、新代議員には中村由美子氏、吉田忠朗氏、平島勝教氏、福山二仁氏、仲村和典氏、岩佐達男氏、門脇文生氏、藤井傳也氏、南川藤夫氏が選出された。

 4)会則の一部改定について提案され、原案を承認した。

 5)その他では、ご意見や同窓会へのご要望をいただいた。

最後に議長解任のあと、岡田勉副会長から閉会挨拶が行われた。

 総会終了後、出席者全員とご来賓をお迎えしての集合写真撮影が同会場において行われた。

DSC_0030DSC_0046DSC_0050

 その後、懇親会が行われ、浅野政輝副会長の司会で進められ、最初に小山会長からお礼の挨拶が述べられた。

 来賓祝辞では谷山弘行理事長から同窓会への謝意のご挨拶、近雅宜常務理事からの乾杯のご発声により祝会が始められた。祝会では竹花一成学長、西田丈夫校長、永田享後援会常務からそれぞれ祝辞が述べられた。

DSC_0058DSC_0059DSC_0066

 その後、新旧代議員のご挨拶をいただき、和気藹々の懇談ののち、最後に加藤清雄副会長の指導のもと、酪農讃歌を全員で合唱して懇親会を終了した。

DSC_0072DSC_0073DSC_0077

DSC_0092DSC_0094DSC_0097

酪農学園同窓会(2019.05.31)|
掲載日:2019.05.31

酪農学園短期大学第18回卒業50年目クラス会報告

2019_0527酪農学園短大クラス会0044 (2)

 2019 年5月26日(日 )午後6時から熱海ニューフジヤホテルを会場にして参加者14名で短期大学第18期生の卒後50周年目を迎えてのクラス会を開催しました。

 当日は、坂本与市名誉教授(元短大学長)をお迎えし、関東在住の畠山則一幹事長の急逝で延びていたクラス会の開催となりました。

2019_0527酪農学園短大クラス会0047 (2)

 参加者は坂本与市先生、村上勇治、吉田慎吾、本巣隆子、山本由喜江、寒河江正耕、三浦公久、三浦(伊藤)雅子、後藤一茂、漆原裕一、島(関)富美子、見良津一久、長谷部和利、菊地晴彦の計14名でした。

(幹事:菊地晴彦、長谷部和利、見良津一久)

酪農学園同窓会(2019.05.31)|

このページのTOPへ戻る